カウンター 無料カジノ激安ナビゲータ格安オンライン
bajiru
  • Author:bajiru
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
  • 09 | 2005/10 | 11
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
  • 綺麗に咲きました。 (06/15)
  • モンサンミッシェル (02/17)
  • 展覧会が終わって (10/17)
  • 娘と夕食 (09/04)
  • ポケモンgo(07/22)
  • bajiru (02/26)
  • わかめ (02/24)
  • ユミ (08/14)
  • bajiru (07/23)
  • サイコ (07/23)
  • bajiru (06/13)
  • みさきむ (06/13)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (2)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年01月 (4)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年09月 (3)
  • 2015年08月 (3)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (3)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (8)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (4)
  • 2014年07月 (9)
  • 2014年06月 (9)
  • 2014年05月 (7)
  • 2014年04月 (6)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (5)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (4)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (6)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (5)
  • 2013年03月 (7)
  • 2013年02月 (3)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (5)
  • 2012年10月 (5)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (8)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (8)
  • 2012年01月 (10)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (9)
  • 2011年04月 (7)
  • 2011年03月 (8)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (9)
  • 2010年10月 (11)
  • 2010年09月 (4)
  • 2010年08月 (9)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (6)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (3)
  • 2010年03月 (6)
  • 2010年02月 (6)
  • 2010年01月 (7)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (6)
  • 2009年10月 (8)
  • 2009年09月 (5)
  • 2009年08月 (13)
  • 2009年07月 (8)
  • 2009年06月 (9)
  • 2009年05月 (12)
  • 2009年04月 (10)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (7)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (6)
  • 2008年08月 (5)
  • 2008年07月 (8)
  • 2008年06月 (9)
  • 2008年05月 (8)
  • 2008年04月 (8)
  • 2008年03月 (7)
  • 2008年02月 (10)
  • 2008年01月 (8)
  • 2007年12月 (7)
  • 2007年11月 (10)
  • 2007年10月 (9)
  • 2007年09月 (5)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (5)
  • 2007年06月 (6)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (9)
  • 2007年02月 (6)
  • 2007年01月 (8)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (4)
  • 2006年08月 (5)
  • 2006年07月 (4)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (3)
  • 2006年04月 (8)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (4)
  • 2006年01月 (5)
  • 2005年12月 (2)
  • 2005年11月 (8)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (5)
  • 2005年08月 (4)
  • 音楽 (27)
  • 絵画編 (123)
  • 未分類 (543)
  • 私の旅 (63)
  • 好きな本 読んだ本 (9)
  • 私の好きな映画 (22)
  • SUPA
  • サパ活動報告
  • 風にそよぐバジル
  • おだやかな日々に
  • 辻堂の暮らし
  • 空飛ぶうさぎ
  • 木曜日は電車にのって、、、
  • 采々歳時記
  • アトリエ・サガン
  • サカイ・トシノリ
  • 湘南で歌、歌ったり、絵を描いたり
  • 酔芙蓉
    20051029210614.jpg

    昨年頂いた酔芙蓉の花が今年やっと咲いた。
    5年前に越中おわらの「風の盆」を見て、
    また高橋治の「風の盆恋歌」を読んで以来
    酔芙蓉の花を育てるのが念願だったので
    やっと夢が叶った。
    午前中は花は白くて午後になるとほんのりピンクに染まり、
    夕方になると、花は濃いピンクになる、この様を
    人が酔う様にたとえ、酔芙蓉と名付けているらしい。


    20051029213504.jpg午後になってもいっこうに赤くならず、夕方になってやっと
    少しピンクに色づいてきた、気温が低いので酔いが回らなかったのだと思う。
    儚い恋の果てに心中をする、主人公の家の玄関先にひっそりと
    咲く酔芙蓉はもの悲しく、庭先に咲く酔芙蓉を見て、
    ちょっぴり小説の主人公の気分に??いけないいけない
    彼岸から彼が睨んでる~~


    【2005/10/29 21:39】 未分類 | COMMENT(6) |
    歌劇 アイーダ
    20051028171553.jpg
    オペラのアイーダを見た。
    プラハ国立歌劇場公演が地元の歩いて15分の劇場で見られるのは嬉しい。
    アイーダは先日イタリアのヴェローナ野外円形
    競技場でも見たがこのスペクタクルのドラマのアイーダはヴェルディの曲と共に何度見て、聴いても素晴らしい。
    一幕目の「清きアイーダ」のアリアをはじめ「凱旋の行進曲」
    など聴き慣れた曲が多いのも親しめる。
    エジプトの将軍ラダメスは敵国のエチオピヤ王の娘アイーダを
    愛しながら、自分の国のエジプト王女アムネリスが許嫁で、
    恋の板挟みになり、結局は自分の国を裏切る事となり、
    最後は反逆者の汚名の元に地下牢に生きながらにして永遠に
    閉じこめられる、そこには、ラダメスと死を共にしようと決意
    したアイーダが待っていた。
    ヴェルディのオペラは悲劇が多いが、閉所恐怖症で暗い所の
    大嫌いな私にとってはもっとも残酷なオペラと言える。


    【2005/10/28 21:48】 未分類 | COMMENT(4) |
    恒春園
    69.jpg

    秋の恒春園を携帯電話のカメラで撮りました。
     落ち葉を踏みながらの散策




    56.jpg
    徳富蘆花の住居がそのままの形で残されていました。
    ガラスが波打っている、何故か懐かしい雰囲気の廊下




    68.jpg
    廊下のすみにはひっそりとオルガンが・・
    書斎、客間、寝室、長い廊下 広いお屋敷です。
    回り込みの練習 成功?




    【2005/10/26 00:23】 未分類 | COMMENT(5) |
    東郷青児美術館のプラート美術館展へ行ってきた。
    トスカーナ地方のプラート県、プラート市のこの美術館は
    「聖帯伝説」の絵画郡の収集で知られているらしい。
    「聖帯伝説」とは神の子イエスが昇天したのに対し、
    あくまでも人間である聖母マリアは自力で天に昇る事が出来ない、
    死後その魂はイエスによって、また肉体も純潔ゆえに天使によって、
    天に引き上げられる、この「聖母被昇天」を見た、使徒トマスが
    証拠を下さいと呼び掛けると聖母が帯を投げ落としたと言う
    エピソードからなる。
    20051011233459.jpg


    20051011233617.jpg

    復活したイエスの身体に触れようとしたマグダラのマリアに、
    「私に触れてはいけない、まだ神の元に行っていないのだから・・」と
    身を引くキリスト。

    20051011234123.jpg

    被昇天のマリア,下にいるのが使徒トマス。

    聖書にまつわる宗教画に解説があったので、とても興味を
    そそられた絵画展だった。
    【2005/10/11 23:48】 未分類 | COMMENT(5) |
    桃ちゃん
    サイコさんちのうさちゃんが居なくなったと思ったら、孫んちに来ていた。
    でもサイコさんちのうさちゃんは戻ったけど、孫んちのうさちゃんは
    明日までは居るそうな・・
    そもそもこの桃ちゃんは最近はやりのペット放棄で捨てられて居たのを
    4日前に拾われて来た、所が孫んちはわんちゃんも飼っているし、
    金魚、めだか、こないだまでは鈴虫、カブト虫と生き物だらけ、
    とてもうさちゃんまで飼える状態ではない、警察や保健所に相談すると
    3日間預かって、飼い主が現れない時は処分するとの事。
    とてもじゃないけと、そんな可哀想な事は出来ないと今度は
    学校へ相談、学校は今一匹だけうさちゃんを飼っているが、
    増えると困るので、同性なら学校で飼っても良いと言ってくれたそうな。
    しかし学校のうさちゃんの雌雄は分からない、こっちの桃ちゃんも
    わからない、今度は獣医さんの所へ、学校のうさちゃんと桃ちゃんと
    教頭先生を同行して行った、結果はどちらも雌で取り敢えず桃ちゃんの
    行き先は決まった、連休中は孫んちで預かっているが、これが可愛くて
    皆夢中、明日はお別れなので記念写真を撮ってきた。
    20606.jpg


    1匹と1羽が仲良く餌と食べている。
    20608.jpg



    【2005/10/10 20:31】 未分類 | COMMENT(3) |
    音楽祭
    20593.jpg

    小淵沢の音楽祭に行きました、素晴らしい音楽、素晴らしい景色、
    色鮮やかなナナカマド、
    心も体もすっかりリフレッシュしてきました。
    20591.jpg
    イタリアの設計士に依る素敵なホテル。
    20563.jpg

    近くに有る、「緑の風」知的障害者通所助産施設を訪問、緑に囲まれて絶好な場所で、
    小麦粉、パン製造をして、鉢植えを栽培していました。
    20565.jpg

    満開のペチュニア。
    20577.jpg
    蕎麦の花が咲いていました。
    20576.jpg
    蕎麦の花の追加です。

    【2005/10/08 09:07】 私の旅 | COMMENT(5) |
    saeki1.jpg

    今日は真夏日に逆戻り、そんな中練馬美術館へ佐伯祐三展を見にいった。
    saeki2.jpg

    30才と言う短い生涯を異国の精神病院で亡くなった祐三の作品と
    その関連作品140点を一堂に集めた画期的な美術展で圧倒された。
    最近油絵教室を辞めたが油絵を描かない訳ではない、創作意欲を
    再び沸き起こされた感じだ。

    saeki3.jpg

    彼の日本とパリでの作風の変遷を見ると彼の悩みが
    ひしひしと伝わって来るようだった。

    saeki4.jpg

    日本での風景、下落合付近。


    【2005/10/02 21:42】 未分類 | COMMENT(7) |
    秋本番
    10月になった、いよいよ秋本番だ。
    紅葉狩りに何処へ行こうか?
    なんて考えている内にすぐ大嫌いな冬になってしまう。
    夜、虫の声が一段と激しさをましている。
    そんな中健気な酔芙蓉はまだ蕾で早く咲かねばと
    頑張っている。
    こちらもつい頑張って~と声を掛ける毎日だ。
    萩の花は満開で目を楽しませてくれている。hagi.jpg


    【2005/10/01 13:18】 未分類 | COMMENT(3) |