カウンター 無料カジノ激安ナビゲータ格安オンライン
bajiru
  • Author:bajiru
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
  • 10 | 2006/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
  • 綺麗に咲きました。 (06/15)
  • モンサンミッシェル (02/17)
  • 展覧会が終わって (10/17)
  • 娘と夕食 (09/04)
  • ポケモンgo(07/22)
  • bajiru (02/26)
  • わかめ (02/24)
  • ユミ (08/14)
  • bajiru (07/23)
  • サイコ (07/23)
  • bajiru (06/13)
  • みさきむ (06/13)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (2)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年01月 (4)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年09月 (3)
  • 2015年08月 (3)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (3)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (8)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (4)
  • 2014年07月 (9)
  • 2014年06月 (9)
  • 2014年05月 (7)
  • 2014年04月 (6)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (5)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (4)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (6)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (5)
  • 2013年03月 (7)
  • 2013年02月 (3)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (5)
  • 2012年10月 (5)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (8)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (8)
  • 2012年01月 (10)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (9)
  • 2011年04月 (7)
  • 2011年03月 (8)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (9)
  • 2010年10月 (11)
  • 2010年09月 (4)
  • 2010年08月 (9)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (6)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (3)
  • 2010年03月 (6)
  • 2010年02月 (6)
  • 2010年01月 (7)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (6)
  • 2009年10月 (8)
  • 2009年09月 (5)
  • 2009年08月 (13)
  • 2009年07月 (8)
  • 2009年06月 (9)
  • 2009年05月 (12)
  • 2009年04月 (10)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (7)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (6)
  • 2008年08月 (5)
  • 2008年07月 (8)
  • 2008年06月 (9)
  • 2008年05月 (8)
  • 2008年04月 (8)
  • 2008年03月 (7)
  • 2008年02月 (10)
  • 2008年01月 (8)
  • 2007年12月 (7)
  • 2007年11月 (10)
  • 2007年10月 (9)
  • 2007年09月 (5)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (5)
  • 2007年06月 (6)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (9)
  • 2007年02月 (6)
  • 2007年01月 (8)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (4)
  • 2006年08月 (5)
  • 2006年07月 (4)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (3)
  • 2006年04月 (8)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (4)
  • 2006年01月 (5)
  • 2005年12月 (2)
  • 2005年11月 (8)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (5)
  • 2005年08月 (4)
  • 音楽 (27)
  • 絵画編 (123)
  • 未分類 (543)
  • 私の旅 (63)
  • 好きな本 読んだ本 (9)
  • 私の好きな映画 (22)
  • SUPA
  • サパ活動報告
  • 風にそよぐバジル
  • おだやかな日々に
  • 辻堂の暮らし
  • 空飛ぶうさぎ
  • 木曜日は電車にのって、、、
  • 采々歳時記
  • アトリエ・サガン
  • サカイ・トシノリ
  • 湘南で歌、歌ったり、絵を描いたり
  • ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
    195.jpg所沢市民文化センターミューズ アークホールへロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の
    コンサートへ行った。
    初めて行くホールで西武新宿線で航空公園と言う所からバスに乗った、電車の乗りでがあり随分遠い所まで来た様におもった。
    美しくライトアップされた会場前を写真に納めた。
    20061129183913.jpg

    演目はベートーベンの交響曲8番とマーラーの「巨人」指揮はラトヴィア生まれのマリス・ヤンソンで全身を使ったエネルギッシュな指揮振りだった。
    流石に100年の歴史を持つ名門楽団の演奏は本当に素晴らしかった。
    巨人と言うタイトルは初めから有った訳ではなく、初演の失敗に気を落としたマーラーがその後友人の薦めで巨人と言うタイトルを付けたそうだ。
    マーラーが100年後に生まれていたら、すんなりと受け入れられだで有ろうと何かの文で読んだ事があるが当時としては斬新過ぎて理解されなかったのだろう。

    【2006/11/29 18:44】 音楽 | COMMENT(6) |
    speech contest
    metal.jpg
    娘から孫の通っている英会話のSpeech Contestが有るので見に来てくれとの事でデジカメ持参で出掛けた。
    孫二人は課題の「an ugly duckling」を暗誦した。
    三等から発表で上の孫の名前が 呼ばれた。
    「一所懸命出来たから、賞は貰えなくてもいいわ」と下の孫が言っていた。
    そして最後の一等の名前が呼ばれたのが、なんと下の孫の名前だった。
    結局兄妹が金賞と銅賞を獲得した、これには両親もびっくりしていた。

    144.jpg

    最後に全員賞状とサンタさんからのプレゼントを貰って大喜びだった。

    その後一日遅れの私の誕生祝いをイタリアンレストランでしてくれて、素敵なマフラーと孫の手製のカードをプレゼントされた。
    何より孫の入賞が素敵なお祝いと婆々馬鹿は思うのであった。


    【2006/11/25 20:50】 未分類 | COMMENT(7) |
    零余子
    20061124112034.jpgブログ仲間のKさんが凄いご馳走をアップしていらした、その中に「むかごの天むす」と言うのが有った、我が家の小さな荒れ放題の庭に零余子の蔓がはびこっている、ぱらぱらと落ちる零余子を拾って湯がいて食べるのは美味しいがなかなかの高級食材らしいので、驚いている。
    残り少ない零余子の実を拾って柿の葉の上に載せてみた。

    nanten.jpg今は南天の実が赤く色付いて、少し秋らしい雰囲気の庭になっている。

    【2006/11/24 11:34】 未分類 | COMMENT(8) |
    映画
    die-hoffnung2.jpg映画を2本見た。
    一本は「クリムト」オーストリア・フランス・ドイツ・イギリス合作/97分
    19世紀末、ウイーンで活躍した画家。
    チラシから抜粋、
    「エロス」と「タナトス(死)」、クリムトが描いた究極の愛
    19世紀末、オーストリア。時代より遥かに先を行ったひとりの天才画家がいた。
    グスタフ・クリムト。

    クリムトを師と仰いでいたエゴンシーレとの交友などで知られる、
    画集で見たクリムトの経歴からは及びも付かない映画だった。
    パリに彼の子供が30人も居たと言うのだからこれが事実だったのだろう。

    nikifor.jpg2本目は「ニキフォル」ポーランド映画、
    無名の画家で自分の描いた絵を観光客などに売っていたニキフォルが
    亡くなる8年前の65才の時にやっと見いだされた彼の晩年を描いた
    映画でポーランド人の画家が自分の仕事を投げ打って、家族の反対に
    あいながらもニキフォルの身の回りから病気の面倒を死ぬまで看た
    マリアン・ヴォシンスキとの交流を描いた実話で感動した。
    絵はとても素朴だが心を打つ優しい絵だった。

    nikifor2.jpg
    nikifor1.jpg







    ebisu.jpg恵比寿ガーデンプレイスの東京都写真美術館で見たので帰りにガーデンプレイスのビヤホールをニキフォルには及びも付かないがスケッチした。

    【2006/11/19 19:16】 私の好きな映画 | COMMENT(8) |
    沖縄旅行
    沖縄旅行のホームページがやっと出来ました。
    宜しかったら覗いて見て下さい。
    http://www.bajiru.net/bajiru/okinawa/okinawa.html
    【2006/11/07 22:02】 私の旅 | COMMENT(11) |
    tosca.jpg昨日は近くの中野ZEROホールでハンガリー国立歌劇場のオペラ「トスカ」を友人達と一緒に見た。中野ゼロホールは小さいながら良く外国のオペラや一流演奏家を招いてリーズナブルな値段で見せてくれる。
    昨夜の「トスカ」はオーケストラボックスのすぐ前の真ん中という最上席で見る事が出きた、一番前だと兎角足元しか見えなかったりと言う事があるが、舞台と目線が同じでまるで舞台の中に一緒に居る様な臨場感が味わえた。
    舞台装置も小さい劇場の割には重厚感もあり、オーケストラも良かった。
    オーケストラボックスの楽団員は若い人が多く手を振るとにこやかに日本語で「ありがと」と言ってくれたり、和やかな雰囲気なのが楽しい。
    トスカの恋人のカラバドッシは若い歌手のせいか声は良かったが悪役のスカルピアのベテランの演技に圧倒されていた様だった。
    そのせいか有名な「星も光りぬ」のアリアが今ひとつの様に思った。
    それに比べてトスカのシルヴィア・ラーリックは身体を張っての大熱演で声も良く通っていた。
    「歌に生き、恋に生き」のアリアも素晴らしかった。
    6月のボローニャ歌劇場いらい久し振りにオペラを堪能する事が出来た。


    【2006/11/05 22:10】 未分類 | COMMENT(2) |