カウンター 無料カジノ激安ナビゲータ格安オンライン
bajiru
  • Author:bajiru
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
  • 07 | 2007/08 | 09
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
  • 綺麗に咲きました。 (06/15)
  • モンサンミッシェル (02/17)
  • 展覧会が終わって (10/17)
  • 娘と夕食 (09/04)
  • ポケモンgo(07/22)
  • bajiru (02/26)
  • わかめ (02/24)
  • ユミ (08/14)
  • bajiru (07/23)
  • サイコ (07/23)
  • bajiru (06/13)
  • みさきむ (06/13)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (2)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年01月 (4)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年09月 (3)
  • 2015年08月 (3)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (3)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (8)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (4)
  • 2014年07月 (9)
  • 2014年06月 (9)
  • 2014年05月 (7)
  • 2014年04月 (6)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (5)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (4)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (6)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (5)
  • 2013年03月 (7)
  • 2013年02月 (3)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (5)
  • 2012年10月 (5)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (8)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (8)
  • 2012年01月 (10)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (9)
  • 2011年04月 (7)
  • 2011年03月 (8)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (9)
  • 2010年10月 (11)
  • 2010年09月 (4)
  • 2010年08月 (9)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (6)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (3)
  • 2010年03月 (6)
  • 2010年02月 (6)
  • 2010年01月 (7)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (6)
  • 2009年10月 (8)
  • 2009年09月 (5)
  • 2009年08月 (13)
  • 2009年07月 (8)
  • 2009年06月 (9)
  • 2009年05月 (12)
  • 2009年04月 (10)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (7)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (6)
  • 2008年08月 (5)
  • 2008年07月 (8)
  • 2008年06月 (9)
  • 2008年05月 (8)
  • 2008年04月 (8)
  • 2008年03月 (7)
  • 2008年02月 (10)
  • 2008年01月 (8)
  • 2007年12月 (7)
  • 2007年11月 (10)
  • 2007年10月 (9)
  • 2007年09月 (5)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (5)
  • 2007年06月 (6)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (9)
  • 2007年02月 (6)
  • 2007年01月 (8)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (4)
  • 2006年08月 (5)
  • 2006年07月 (4)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (3)
  • 2006年04月 (8)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (4)
  • 2006年01月 (5)
  • 2005年12月 (2)
  • 2005年11月 (8)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (5)
  • 2005年08月 (4)
  • 音楽 (27)
  • 絵画編 (123)
  • 未分類 (543)
  • 私の旅 (63)
  • 好きな本 読んだ本 (9)
  • 私の好きな映画 (22)
  • SUPA
  • サパ活動報告
  • 風にそよぐバジル
  • おだやかな日々に
  • 辻堂の暮らし
  • 空飛ぶうさぎ
  • 木曜日は電車にのって、、、
  • 采々歳時記
  • アトリエ・サガン
  • サカイ・トシノリ
  • 湘南で歌、歌ったり、絵を描いたり
  • 筆子その愛
    fudeko.jpg
    Sさんに紹介された映画「筆子その愛」を友人と見に行った、Sさんがとても感動したとの事だったので、是非見たいと思っていた。
    割引券を送って頂いたので3人で割引券を使う事が出来た、3人共、涙・涙・涙の感動で割引料金で入場したのでは申し訳ないからと募金箱に寄付をして来た。
    舞台挨拶は端役で出演していたやくざの子分の人だったが撮影中の苦労話などを聞いた。
    気の毒な事に観客は7,8人しか居なかった、宣伝不足だったのだろう、

    その後、もう一人ご一緒するはずだった友人のお見舞いに行った、彼女は私が誘いの手紙を出した日に大腿骨を骨折して救急車で入院、手術をしたのだ、今日病院に行ったらもう歩いていた、前向きな彼女はリハビリも熱心で驚くほど快復が早かったので、皆で安堵して帰ってきた。
    「筆子その愛」についてはSさんのブログの8月16日を見て下さい。
    http://act018.blog17.fc2.com/page-3.html


    9月17日には世田谷区玉川区民会館で上映されます、今日私も3人寄れば1,000円になる割引券を貰いました、ご入り用な方はDMでどうぞ・・・
    【2007/08/31 22:53】 私の好きな映画 | COMMENT(2) |
    日光part2
    663.jpgダウンしていたパソちゃんを婿殿に直して貰って、やっと日光の写真を
    載せる事が出来た。浅草から東武鉄道スぺーシアの個室でいざ日光へ、
    ご機嫌な孫達。




    669.jpg孫達の希望は何と言っても日光江戸村、武士の格好をした門番の前を通り
    過ぎると、江戸時代へタイムスリップ、案内人も売り子も「・・・でござる」
    と昔の言葉、「これいくらですか?」と聞くと「○○両でござる」孫達は大喜び。
    芝居小屋で寸劇を見たり、水芸を見たり、立ち回りのアトラクションを見たりで
    歩いた距離は1万歩にもなっていた。



    727.jpg翌日はガイドのおじいさんを頼んで、日光東照宮へ、
    やはり細かな事まで説明してくれるので、新しい知識も少し増えた。




    750.jpg陽明門(ひくらし門)の彫り物は日暮れになるまで見飽きないと
    言われるだけの事はある迫力だ。
    中禅寺湖や華厳の滝まで足を延ばしたかったが、雨になったので早めに
    帰る事にした、夏休み最後の孫達と過ごす2日間だった。

    【2007/08/29 22:50】 私の旅 | COMMENT(8) |
    日光
    20070828140957
    孫と日光に来た
    日光江戸村と東照宮に来て東照宮ではガイドを頼みいろいろと説明を受けながら見る事が出来た。
    【2007/08/28 14:09】 未分類 | COMMENT(3) |
    ネットに繋がらない
    20070826183504
    今日は朝からネットに繋がらないのでメールも読めません。
    ブログだけが頼りです。
    【2007/08/26 18:35】 未分類 | COMMENT(3) |
    カラマーゾフの兄弟
    660.jpg六本木の東京ミッドタウンへ「古典新訳カラマーゾフの兄弟を読む」と言う講演を聞きに行った。(以下長文で~す)
    高校生の頃どうにか五巻まで読んだが米山正夫訳で、その後原卓也が訳しているが今回東京外語大学教授の亀山郁夫が分かりやすく訳したのだそうだ、

    米山訳で特に分かりにくいとも思わなかったが、この亀山は原卓也訳を読んでとても難解だと思ったそうだ、それと誤訳もあったのでそれを正した所もあるそうで、原卓也は亀山の先輩で先生?だったし、既に亡くなっているのでその誤訳を正した事はドミートリーではないが一種の父親殺しだと言って皆を笑わせていた。

    その後訳者と島田雅彦の対談があった。亀山郁夫はこの「カラマーゾフの兄弟」の新訳の後、続編を執筆して、9月に発売されるそうだが、ドストエフスキーの構想を元に亀山が想像をしながら書いたらしい、

    そこで対談は亀山の続編と島田が想像する兄弟の後日談がどう違うか想像を膨らませながら、二人で話し合った、小説家の面白い所だ、

    ドストエフスキーの構想は敬虔なクリスチャンだったアリョーシャは1882年エルミタージュを爆破し皇帝暗殺を企て処刑されるらしい、所が実際にはその一年前の1881年にアレキサンドル皇帝は暗殺され死んでいるので事実と違ってしまう。
    島田の構想は西へ行き、ボルシェビキのサークルに入り、その仲間の中にレーニンが居た、とか、シベリアへ巡礼して敬虔なクリスチャンのまま不幸な死に方をするとか、話題は尽きない様だった。
    20070825222326.jpgカメラ禁止で亀山氏をスケッチ。
    ロビーでは古典新訳の本がずらりと並んで・・・・
    絶対読む時間も無い筈なのに、「カラマーゾフの兄弟」新訳を2冊買ってしまった。(T T)!


    【2007/08/25 22:34】 好きな本 読んだ本 | COMMENT(1) |
    532.jpg先生の個展が日比谷のビルの喫茶店で開催されていたので行った。
    素敵な照明の中に配置よく飾られた絵はどれも素晴らしかった。
    先生にはお会い出来なかったが、記念の絵葉書を頂き、翌日にはお礼のメールが入った。




    658.jpg
    昨日は友人から頂いた招待券でホテルオークラのチャリティーイベント[アートは世界のこどもを救う][秘蔵の名品アートコレクション]へ高校の友人と行った。
    19世紀から20世紀にかけての内外の有名な画家、コロー、ルノアール、ピカソ、シャガール、佐伯祐三、黒田清輝、日本画と私の知っている全ての画家の絵を一堂に集めた素晴らしい展覧会だった、子供向けのイヤホンガイドもあり、孫を連れてくれば良かったと思った、このチャリティーが世界の子供を救うと思うと意味深く感じた。


    649_1.jpgホテルオークラの廊下も素敵にアートしている。





    650.jpgロビー・・・ああ雲さんは第九のコーラスの時にここに宿泊されたのを思い出した。






    youroutaki.jpg帰宅後刺激されて、養老の滝のスケッチに色を付けた、滝の雰囲気を出すのが難しい。
    明日は国立新美術館へ日展この100年を見に行く、熱中症対策をばっちりしていかなくては・・・

    【2007/08/22 22:15】 未分類 | COMMENT(7) |
    千葉へ
    550.jpg帰省中の息子に千葉へドライブに連れて行って貰った。
    日本の気温の最高温度を更新したと言う猛暑だったが、車の中は涼しく、千葉の緑は一段と濃く感じた。




    561.jpg養老の滝はオートキャンプ場も有り、子供連れが多かったが上高地の様な混雑は無く、涼しくて良かった。
    その後紫陽花で有名な麻綿原へ行ったが、ここは時期はずれの為、誰も居なく林を抜ける風は涼しくヒグラシが鳴き早くも秋の気配を感じた。
    その後犬吠埼の方へ行きホテルで温泉に入り昼食を食べてからオーストリアの旅で友達になった銚子のお菓子やさんを訊ねて見た。
    ご夫婦がとても喜んで下さって、私が買った以外にお土産を沢山頂き恐縮してしまった。
    気取らない彼女は採れたての美味しいキュウリだからと捻れて曲がったキュウリを沢山下さった、帰宅後塩を付けてまるかじりしたら、本当に新鮮で初めて食べたと思うほど美味しかった、私はこの気取らない彼女が大好きなのだ。
    帰り道、銚子漁港近くの市場で鰺の干物や蛤を買った。

    640.jpg644.jpg神宮球場の近くを通ったら丁度花火大会をしていたので、信濃町で下りて、今度こそゆっくり花火見物が出来た。
    http://bajiru.net/bajiru/MVI_0642.AVI
    クリックすると花火の動画が見られます。
    【2007/08/17 00:34】 私の旅 | COMMENT(14) |
    上高地
    475.jpg英会話のお仲間と日帰りのバスツアーで上高地へ行った、日中34度になる暑い東京を離れて、たった一日だけど23度の涼しい上高地で鶯の鳴き声を聞きながら散策と写生を楽しんだ。
    この写真は一番手前の大正池、10年以上前に母達と来たときは池から朽ち果てた枯れ木が残っていて風情が有ったがもう殆ど無くなっていた。
    それと思いも寄らぬ事になんと貸しボート屋でも有るのかボートを漕いでいる人が何人かいた、この大自然の美しい池にボートはそぐわない・・



    kamikouti_b.jpgすっかり観光化された上高地は土産物屋も沢山、人も沢山、ウォルター・ウエストンも悲しんでいるかなあ。スケッチのポイントを探すにも一苦労だった。



    kappabashi_b.jpg銀座通りより混んでいる河童橋風景。
    昼食は河童橋の側ににある五千尺ホテルの特製弁当で涼しい木陰を見付けて、ウグイスの声を聞きながら食べた。
    少し奧の明神池の方まで歩いたお仲間は人も少なく素晴らしかったと言っていたがそこまで行くとスケッチの時間が無くなるので諦めた。
    実感!やっぱり尾瀬には敵わないね・・・





    【2007/08/10 19:05】 私の旅 | COMMENT(10) |
    遙かな昔の尾瀬
    oze_b.jpgブログのお仲間が尾瀬に行った、私は1998年10月10日の体育の日に息子に連れて行って貰ったが、息子はガイドブックを見ながら行ったが、私は何処をどう歩いたのか皆目分からない、まあ9年も前の事だから、その時は覚えていたのだろうが、HPも無く写真だけでは分からなくなってしまうのは仕方ない事だろう、此処は何処?と言う感じだが思い出の写真を引っ張り出してスキャンして見た。




    oze_c.jpgKさんが同じ様な写真を撮っていらしたが、多分コースは違うはず・・





    oze_d.jpg燃える様な紅葉は印象深かった・・よう?





    oze_e.jpg目印になる様な山を撮れば良かったけど・・・





    oze2_g.jpg林の中の様でもある、お分かりの方は教えて下さい。

    【2007/08/07 23:31】 未分類 | COMMENT(6) |
    たまにはご馳走?
    458.jpgブログのお仲間のMさんがテレビで見たラタトゥユを作ったのに刺激されて私もテレビで見た料理に挑戦した、茄子とトマトとチーズの挟み焼きだ。
    茄子のへたを残して薄く切り、トマトととろけるチーズを交互に挟み、パルミジャーノ・レッジャーノをおろして掛けてフライパンで焼いたもの、
    すっごく簡単!土曜日に俳優の松平健が作っていた。ビールに良く合うおかずだった。


    467.jpgメインはサーロインステーキにガーッリクライス、ミディアムレアに上手く焼けた、
    後方に見える黒い瓶はフランベに使ったブランディのカミュのX.O.
    夫の残した洋酒類はおおむねこうして料理かケーキに使われている。


    【2007/08/06 23:35】 未分類 | COMMENT(4) |