カウンター 無料カジノ激安ナビゲータ格安オンライン
bajiru
  • Author:bajiru
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
  • 06 | 2008/07 | 08
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
  • 綺麗に咲きました。 (06/15)
  • モンサンミッシェル (02/17)
  • 展覧会が終わって (10/17)
  • 娘と夕食 (09/04)
  • ポケモンgo(07/22)
  • bajiru (02/26)
  • わかめ (02/24)
  • ユミ (08/14)
  • bajiru (07/23)
  • サイコ (07/23)
  • bajiru (06/13)
  • みさきむ (06/13)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (2)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年01月 (4)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年09月 (3)
  • 2015年08月 (3)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (3)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (8)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (4)
  • 2014年07月 (9)
  • 2014年06月 (9)
  • 2014年05月 (7)
  • 2014年04月 (6)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (5)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (4)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (6)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (5)
  • 2013年03月 (7)
  • 2013年02月 (3)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (5)
  • 2012年10月 (5)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (8)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (8)
  • 2012年01月 (10)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (9)
  • 2011年04月 (7)
  • 2011年03月 (8)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (9)
  • 2010年10月 (11)
  • 2010年09月 (4)
  • 2010年08月 (9)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (6)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (3)
  • 2010年03月 (6)
  • 2010年02月 (6)
  • 2010年01月 (7)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (6)
  • 2009年10月 (8)
  • 2009年09月 (5)
  • 2009年08月 (13)
  • 2009年07月 (8)
  • 2009年06月 (9)
  • 2009年05月 (12)
  • 2009年04月 (10)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (7)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (6)
  • 2008年08月 (5)
  • 2008年07月 (8)
  • 2008年06月 (9)
  • 2008年05月 (8)
  • 2008年04月 (8)
  • 2008年03月 (7)
  • 2008年02月 (10)
  • 2008年01月 (8)
  • 2007年12月 (7)
  • 2007年11月 (10)
  • 2007年10月 (9)
  • 2007年09月 (5)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (5)
  • 2007年06月 (6)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (9)
  • 2007年02月 (6)
  • 2007年01月 (8)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (4)
  • 2006年08月 (5)
  • 2006年07月 (4)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (3)
  • 2006年04月 (8)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (4)
  • 2006年01月 (5)
  • 2005年12月 (2)
  • 2005年11月 (8)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (5)
  • 2005年08月 (4)
  • 音楽 (27)
  • 絵画編 (123)
  • 未分類 (543)
  • 私の旅 (63)
  • 好きな本 読んだ本 (9)
  • 私の好きな映画 (22)
  • SUPA
  • サパ活動報告
  • 風にそよぐバジル
  • おだやかな日々に
  • 辻堂の暮らし
  • 空飛ぶうさぎ
  • 木曜日は電車にのって、、、
  • 采々歳時記
  • アトリエ・サガン
  • サカイ・トシノリ
  • 湘南で歌、歌ったり、絵を描いたり
  • オーストリア・アート・アンサンブル
    austrian.jpg津田ホールへオーストリア・アート・アンサンブルの演奏を聴きに行った
    2004年の6月に雲さんとオーストリア音楽夢の旅と言うツアーに参加して、その時
    雲さんの友人の息子さんがグラーツのオペラ座で第二ヴァイオリン首席奏者を務めていらっしゃると言う事でお会いして、グラーツのオペラ座を見学させて頂いたりしたのだが、その長谷部和泉さんが昨年より日本で公演をする様になった。
    今回のテーマは「俳句」と言う事で、出演者のヴィム・ファン・スュトゥフェンの作曲による世界初演の曲が5つ、ジョン・ケージと言うアメリカの作曲家の「竜安寺」とか「ピアノソロのための七つの俳句」とか現代音楽の神髄の様な曲で素晴らしかった。特に音のない石庭の静謐な世界を音で表して、枯山水の美しい波模様のうねりを表現する音楽に感動した。
    ちょっと難解と思われる現代音楽の合間にはバッハの無伴奏パルティータアルマンドとドゥーブレ、モーツアルトピアノ3重奏、ブラームスピアノ3重奏などが挟まれているので、緊張感もほぐれてとても良いプログラムだと思った。
    また、ザルツブルグ音楽祭でゲルギエフ指揮で聴いた細川俊夫の曲の小品ヴァイオリンとチェロのための2重奏も良かった。日本では演奏されることの少ない作曲家の様に思う。



    料理開演前に津田ホールの地階のユーハイムで軽いディナーを頂いた。リーズナブルながら、ワインやデザートまで付いていたのでご機嫌。



    3960.jpg窓からは体育館の屋根が下に見えた。




    【2008/07/30 23:29】 音楽 | COMMENT(3) |
    小磯良平展
    小磯例の4人組で吉祥寺の武蔵野吉祥寺美術館へ小磯良平没後20年展を見に行った。小磯良平は一時母校の美術の教師をしていて、私たちの制服姿などの油絵が残っている、「斉唱」と言う有名な絵画も母校の制服に似ている少女の群像だ。



    3944.jpgその後阿佐ヶ谷へ行って、「山猫」と言うレストランへ行った。隠れ家の様な洒落た雰囲気のお店だった。



    3948.jpgこの階段を3階まで上がる。






    3949.jpg中は広々としたオープンキッチン、一人のシェフが手際よく料理を作っている。




    料理料理はどれも美味しく、美しく、特にパッションフルーツのブリュレが美味しかった、仲間の一人が特にグルメで良くいろんなお店を紹介してくれるので楽しみだ、今度娘家族と来たいと思った。












    【2008/07/29 20:51】 未分類 | COMMENT(2) |

    携帯で取った新宿エーサーの動画をアップした、



    もう一枚は携帯を横にして撮ったら画面が横になった、QuickTime Playerで縦に修正したのに直らない。
    【2008/07/26 21:25】 未分類 | COMMENT(1) |
    エイサー
    エイサー3
    20080726171947
    新宿に額縁を買いに行ったらエイサー祭りをしていた動画も撮ったがさすがに動画はアップ出来なかった。沖縄から来た人たちだ、暑いのにご苦労様です。
    【2008/07/26 17:19】 未分類 | COMMENT(4) |
    グループ展
    200807251702532
    20080725170253
    20080725170252
    Mさんのグループ展が銀座で開催されているので見に行った。
    沢山の人がいらしていてなかなか盛況だ 
    抽象画も良いと思った。
    難しいのに皆さん楽しみながら書いていらっしゃる様子だった。
    前の松屋でお茶〓しながら携帯でアップ。
    【2008/07/25 17:02】 未分類 | COMMENT(4) |
    孫の絵
    20080724194654
    孫のFが来た。
    マリンの絵を書いてくれました。
    【2008/07/24 19:46】 未分類 | COMMENT(8) |
    ビジーな一週間
    先週はとても忙しい一週間だった、ブログを更新する時間も無く、毎日更新なさる人は本当に偉いな~と思う。
    羊と兵隊毎月の学校の例会に行って友人に下北沢の本多劇場のチケットが有るので行かないかと誘われた、本多劇場は昔野田秀樹などが公演していた、若者の劇場なので一度行ってみたかったので、昼食もそこそこに出掛けた。
    「羊と兵隊」と言う芝居は何処か架空の国の戦時下の話、長男が兵隊に取られるのを回避するために身代わりをたてる、その身代わりの人物と長男の役を中村獅童が熱演していた。

    taishakuten_s.jpg翌日は柴又の帝釈天へスケッチ、1時間の距離だが
    都営の地下鉄が使えるので交通費がたったの180円だった。



    unagi.jpgshibamata.jpg柴又ならうなぎでしょう・・と言う事になり昼食は鰻重となった。ウイークデーでも柴又は相変わらず賑わっていた。高木屋でおだんごを食べ、お土産に草団子を買って帰った、それでスケッチはたったの一枚となった。


    3926.jpgそのまた翌日は旅のメーリングのオフ会が国際オリンピックセンターで行われた。いつもオフ会と言うと顔合わせの感じてお酒とお食事で歓談と言う事が多いが、
    今回はウクライナの大使館の人がウクライナの観光案内をしてくれて、そのご旅のベテランがパソコンをプロジェクターに繋いでスライド写真を見ながら旅の報告でとても有意義なオフ会だった。


    3928.jpgはじめはシルクロードを旅した方が歴史の話を交えながらの話。2番目は
    カタールのドーハに住んで居られる主婦の方の話で主婦の眼から見たドーハの話は興味が尽きなかった、また30日間で5カ国を回った82才の方の話ではそれぞれの国の歴史を話され
    その年代まできちんと話される記憶力の良さと博識に皆感心していた。


    3938.jpgその翌日は横浜で行われた横浜管弦楽団の演奏を聴きに行った、メールのお仲間と
    その奥様が長年この楽団でチェロとヴァイオリンを弾いておられるので毎年楽しみに伺っていたが参加されるのは今年で最後とか・・お名残惜しいが今回も素晴らしい演奏だった。
    曲目はウイリアム・テル序曲、シベリウスのヴァイオリン協奏曲、シューマンの交響曲3番「ライン」アンコールでシュトラウスの「雷」だった。


    小平そして昨日は小平グリーンロードへのスケッチ会、とても暑い日だったが、流石にグリーンロードの木陰は涼しくて気持ち良かった。


    kodaira_1s.jpgkodaira_2s.jpgグリーンロードの木立の木漏れ日と小川の土手を描いていたらもう終了時間となった。


    足湯足湯_2
    昼食は涼しい木陰でお弁当を食べ、小平市でしている足湯に行くことになった、ここは市のゴミを焼却してその燃料で地下水を沸かし足湯にしているそうだ、足を温めるだけで17000歩歩いた足の疲れが少し取れる様な感じがした。
    やっと一週間の行事が終わり、今週は少しゆっくり出来るかな・・・と思う。



















































    【2008/07/14 11:46】 未分類 | COMMENT(8) |
    ターナー賞
    妹と六本木ヒルズの森美術館へ「英国美術の現在史:ターナー賞の歩み」展を見に行った。
    ターナーの画風が好きなので行ったが、ターナー賞は全くの現代美術の賞で斬新と言うか私には理解出来なかった。turner001.jpg例えばこれはTOKYO ART BEATから借りた画像だが生の牛の親子がホルマリン漬けになってその断面の内蔵まで見られる様になって、いて
    題名は≪Mother and Child Divided≫発表当時でも動物虐待と問題になったそうだ。


    turner003.jpgこれとて画面に描かれた文字が何を意味しているのかは分からなかった、ある部屋は壁にはなにも絵が掛かっていなくて電気が点滅しているだけ、その中で絵を想像するらしい・・。ビデオを使った動画も多く、まあ、現代美術の今を知る事は出来た。


    3912.jpg気分一新5階のレストラン街のイタリアンの店へ・・・中は広くボーイさんが可愛い、




    3913.jpg3915.jpgオープンキッチンの側で中で沢山の人が働いている。
    ピザを頼んだらワインのサービスがあり、スタッフも愛想が良く感じの良い店だった。
    絵や音楽と共通の話題の多い妹だが、今日の感想は二人とも「どうもね~~」だった。


    【2008/07/02 22:22】 未分類 | COMMENT(7) |