カウンター 無料カジノ激安ナビゲータ格安オンライン
FC2ブログ
bajiru
  • Author:bajiru
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
  • 01 | 2009/02 | 03
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
  • 今年も咲きました。 (06/27)
  • モンサンミッシェル (02/17)
  • 展覧会が終わって (10/17)
  • 娘と夕食 (09/04)
  • ポケモンgo(07/22)
  • bajiru (07/05)
  • みさきむ (07/04)
  • bajiru (02/26)
  • わかめ (02/24)
  • ユミ (08/14)
  • bajiru (07/23)
  • サイコ (07/23)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (2)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年01月 (4)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年09月 (3)
  • 2015年08月 (3)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (3)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (8)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (4)
  • 2014年07月 (9)
  • 2014年06月 (9)
  • 2014年05月 (7)
  • 2014年04月 (6)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (5)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (4)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (6)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (5)
  • 2013年03月 (7)
  • 2013年02月 (3)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (5)
  • 2012年10月 (5)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (8)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (8)
  • 2012年01月 (10)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (9)
  • 2011年04月 (7)
  • 2011年03月 (8)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (9)
  • 2010年10月 (11)
  • 2010年09月 (4)
  • 2010年08月 (9)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (6)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (3)
  • 2010年03月 (6)
  • 2010年02月 (6)
  • 2010年01月 (7)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (6)
  • 2009年10月 (8)
  • 2009年09月 (5)
  • 2009年08月 (13)
  • 2009年07月 (8)
  • 2009年06月 (9)
  • 2009年05月 (12)
  • 2009年04月 (10)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (7)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (6)
  • 2008年08月 (5)
  • 2008年07月 (8)
  • 2008年06月 (9)
  • 2008年05月 (8)
  • 2008年04月 (8)
  • 2008年03月 (7)
  • 2008年02月 (10)
  • 2008年01月 (8)
  • 2007年12月 (7)
  • 2007年11月 (10)
  • 2007年10月 (9)
  • 2007年09月 (5)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (5)
  • 2007年06月 (6)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (9)
  • 2007年02月 (6)
  • 2007年01月 (8)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (4)
  • 2006年08月 (5)
  • 2006年07月 (4)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (3)
  • 2006年04月 (8)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (4)
  • 2006年01月 (5)
  • 2005年12月 (2)
  • 2005年11月 (8)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (5)
  • 2005年08月 (4)
  • 音楽 (27)
  • 絵画編 (123)
  • 未分類 (543)
  • 私の旅 (63)
  • 好きな本 読んだ本 (9)
  • 私の好きな映画 (22)
  • SUPA
  • サパ活動報告
  • 風にそよぐバジル
  • おだやかな日々に
  • 辻堂の暮らし
  • 空飛ぶうさぎ
  • 木曜日は電車にのって、、、
  • 采々歳時記
  • アトリエ・サガン
  • サカイ・トシノリ
  • 湘南で歌、歌ったり、絵を描いたり
  • 乱読
    ひだまりひだまりで本を広げて読んでいる、読み始めるとあれこれと脈絡も無くよんでいる、まったく乱読も良いところだ。




    国家の品格いささか今頃の感も有るが「国家の品格」藤原正彦著
    国は論理だけでは成り立たない、情緒があってこそ国家の品格が表れる。日本は情緒の国である、今、日本の「国家の品格」が無くなってしまった。と言うわけである。
    また日本には「武士道」と言う物がある、論理では片付かないもので、いけないことには
    「ならぬことはならぬ」で片付けてしまう。問答無用である。
    戦争も「ならぬものはならぬ」であると思う、
    今や日本は金の亡者の様になっているが、昔は日本の武士は金銭を下に見る傾向があった、
    「武士は喰わねど高楊枝」と我慢していた、これこそが品格であると言う事などがかいてあった。娘や孫に読ませたい一冊だと思う。

    15日の朝日新聞に金田一秀穂さんが、「耕論」に「国家の品格」がもてはやされたのは国家の価値が経済力でしか語られないから「品格」の様な精神的な言葉が神聖に見えたのではないか、なんでも「品格」「品格」というのは品格のある日本語ではないですよ。と書いていた。そう言えばあれから沢山「○○の品格」なる本がでたいた。



    アインシュタイン次は「アインシュタインセオリー」 マーク・アルパート作
    久しぶりに本格サスペンスを読んだ、作者のマークアルパートはプリンストン大学で天体物理学を専攻した後コロンビア大学美術学修士号を取得、新聞記者、科学雑誌編集者を経て本書でデビューした。
    内容はアインシュタインは相対性理論の後に統一場理論という方程式の研究に打ち込んでいたと言う事実に興味を持った作者がそれからフィクションで小説にしたのだ、ある理論物理学者が襲撃され、主人公に謎の数字を残して死んだ、その数字を解明しようとしたためにいろいろな事件に巻き込まれ、危険な目に遭うことになる、小説は科学的な裏付けの元に書かれているので、物理を学んだ人ならもっと理解も出来楽しめると思う。
    行く行くはこういう理論が成り立ち地球をも破壊しかねない恐ろしい統一場理論の公式化が出来るのではないかとという不安が募る小説だった。

    しずかの朝そして今日から読み始めたのが、小澤征良の「しずかの朝」小澤征爾の娘が祖母入江麻木に贈るとして書いた本である。






    スポンサーサイト



    【2009/02/22 23:27】 好きな本 読んだ本 | COMMENT(8) |