カウンター 無料カジノ激安ナビゲータ格安オンライン
bajiru
  • Author:bajiru
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
  • 09 | 2009/10 | 11
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
  • 今年も咲きました。 (06/27)
  • モンサンミッシェル (02/17)
  • 展覧会が終わって (10/17)
  • 娘と夕食 (09/04)
  • ポケモンgo(07/22)
  • bajiru (07/05)
  • みさきむ (07/04)
  • bajiru (02/26)
  • わかめ (02/24)
  • ユミ (08/14)
  • bajiru (07/23)
  • サイコ (07/23)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (2)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年01月 (4)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年09月 (3)
  • 2015年08月 (3)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (3)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (8)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (4)
  • 2014年07月 (9)
  • 2014年06月 (9)
  • 2014年05月 (7)
  • 2014年04月 (6)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (5)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (4)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (6)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (5)
  • 2013年03月 (7)
  • 2013年02月 (3)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (5)
  • 2012年10月 (5)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (8)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (8)
  • 2012年01月 (10)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (9)
  • 2011年04月 (7)
  • 2011年03月 (8)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (9)
  • 2010年10月 (11)
  • 2010年09月 (4)
  • 2010年08月 (9)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (6)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (3)
  • 2010年03月 (6)
  • 2010年02月 (6)
  • 2010年01月 (7)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (6)
  • 2009年10月 (8)
  • 2009年09月 (5)
  • 2009年08月 (13)
  • 2009年07月 (8)
  • 2009年06月 (9)
  • 2009年05月 (12)
  • 2009年04月 (10)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (7)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (6)
  • 2008年08月 (5)
  • 2008年07月 (8)
  • 2008年06月 (9)
  • 2008年05月 (8)
  • 2008年04月 (8)
  • 2008年03月 (7)
  • 2008年02月 (10)
  • 2008年01月 (8)
  • 2007年12月 (7)
  • 2007年11月 (10)
  • 2007年10月 (9)
  • 2007年09月 (5)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (5)
  • 2007年06月 (6)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (9)
  • 2007年02月 (6)
  • 2007年01月 (8)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (4)
  • 2006年08月 (5)
  • 2006年07月 (4)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (3)
  • 2006年04月 (8)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (4)
  • 2006年01月 (5)
  • 2005年12月 (2)
  • 2005年11月 (8)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (5)
  • 2005年08月 (4)
  • 音楽 (27)
  • 絵画編 (123)
  • 未分類 (543)
  • 私の旅 (63)
  • 好きな本 読んだ本 (9)
  • 私の好きな映画 (22)
  • SUPA
  • サパ活動報告
  • 風にそよぐバジル
  • おだやかな日々に
  • 辻堂の暮らし
  • 空飛ぶうさぎ
  • 木曜日は電車にのって、、、
  • 采々歳時記
  • アトリエ・サガン
  • サカイ・トシノリ
  • 湘南で歌、歌ったり、絵を描いたり
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
    Fの誕生日
    5924.jpg今日は孫のFの11回目の誕生日だった。
    娘が夕方まで働いている関係でお父さんとFの合作で巻き寿司を作ったり、たこ焼き器でたこ焼を焼いたりと賑やかなホームパーティーだ。小さなオモチャの回転寿司などもあった。
    海苔巻きを作るオモチャもあるそうで綺麗な梅の形の巻き寿司が上手に出来ていた。
    料理の好きな家庭的な孫は早く結婚したいそうな・・・お父さんは寂しがるだろうな~~。



    5929.jpgおりしもハロインイブと言う事でハロインのメークアップで驚かしてくれた。内気だと思っていたFだが今度の学芸会では準主役になったそうで、おばちゃん見に来てとのお誘いを受けた、いつもはその他大勢で何処にいるのか分からない事があったが、今度は台詞もあるのだそうだ。


    スポンサーサイト
    【2009/10/30 22:42】 未分類 | COMMENT(3) |
    鎌倉
    5921.jpg妙義山のスケッチ旅行が先生のご都合で中止となったので、秋を求めて違う先生の鎌倉スケッチに参加した。
    北条時宗が建立した円覚寺は何回か訪れた事はあるが、スケッチと思って行くと描くところ満載と言った感じである。佛日庵の屋根の見える坂道。




    5923.jpg居士林の門、禅を志す在家のための座禅道場、元牛込柳町にあった柳生流の剣道場を昭和3年柳生徹心居士より寄進されたとある。
    奥に立派な道場の建物があるが、門は茅葺きの質素な佇まいであった。




    【2009/10/29 00:07】 絵画編 | COMMENT(6) |
    アトリエとローマ展
    5908.jpg昨日はアトリエでの制作の最後の日だった、今月は、鰺の干物とスルメを選んで描いた。モチーフとして時々使われる材料だが、色目が地味なので少し絵作りを楽しんだら・・と先生に言われたので少し色で遊んでどうにか完成させた。


    karutago.jpgカルタゴ所で12月に孫をイタリアへ連れて行く事になっているので、日曜日に丁度ローマ展が2カ所で開催されていたので、娘と孫とで見に行った。始めに訪れたのは大丸百貨店で開催されている、「古代カルタゴとローマ展」中学生になった孫は今丁度ローマ時代を勉強中で名将ハンニバルの活躍したカルタゴに興味を持っていた。地中海に花開いた古代文明カルタゴの精巧な金細工やハンニバルの時代の鎧、モザイク等を熱心に見ていた。




    5904.jpg昼食は大丸の食堂で「カルタゴセット」を選んだ、クスクスとチュニジアサラダ、チュニジア料理でツナと半熟卵を揚げ春巻き風にしたブリックと言うのと、ミントティーを頂いた。どれも美味しかった。




    古代ローマそれから上野へ足を延ばし、国立西洋美術館の「古代ローマの遺跡」栄光の都ローマと悲劇の街ポンペイ展を見た。ジュリアス・シーザーの跡を継いだ初代ローマ皇帝アウグストゥスの像や、ポンペイの遺跡など旅行に関連のある物が多数展示されていて良い勉強になった。


    帰りには上野駅の前でマリンバ演奏のパフォーマンスをしているのを見た。曲はハンガリア舞曲


    【2009/10/22 15:49】 絵画編 | COMMENT(12) |
    石神井公園
    5877.jpg5879.jpg秋晴れの一日、石神井公園にスケッチに行った。
    都会にこんなにこんもりと緑の生い茂った所が有るとは思いもよらなかったそれも我が家から45分の距離の所である。
    広い園内は石神井池と三宝寺池とに別れていて、池の周りは散策が出来るように木道が続いている。



    5883.jpg5896.jpg池には色々な種類の魚が泳ぎ、釣り人は竿を垂れ、魚を狙うアオサギの姿や大きなアヒルや水鳥を見掛けた。




    5903.jpg葦の茂った三宝寺池を描いたが花の終わった睡蓮は寂しく、睡蓮の咲く頃に是非来てみたいと思った。









    【2009/10/17 00:30】 絵画編 | COMMENT(8) |
    統計グラフ全国コンクール
    toukei.jpg全国統計協会連合会の統計グラフ全国コンクールと言うのがあるそうです。新宿西口広場のイベント会場で展覧会がありました。
    小学生から中学校、高等学校、大学、一般人が応募できます、この中学校の部で孫が学校から応募して、入選はなりませんでしたが、佳作に選ばれました。
    最近15年可愛がっていた愛犬が死んだので、ペットに関心を持ち、「大事にしよう小さな命、”ペットは家族の一員”」と題して、グラフを作りました、いろいろと統計を調べて、それを見栄えの良いようにポスターに仕上げるのです。
    特別賞の総務大臣賞は千葉県の小学校2年生の作品でしたが、とても立派に出来ていて感心しました。
    こんなコンクールが有るのを初めて知りました。

    【2009/10/13 20:57】 絵画編 | COMMENT(5) |
    リゾナーレ
    5838.jpg昨年は行かれなかった小淵沢のリゾナーレ音楽祭に今年は行く事が出来ました。
    お仲間に合わせて二日目のプログラムで行く事にしていたのですが、一日目を夫婦で予約していた妹の夫が都合で行かれなくなったので、誘いを受け急遽一日目から参加する事が出来ました。\(^O^)/
    ハロウィンの季節です。一日目のプログラムは「バロックの夕べ」でヘンデルのヴァイオリンソナタの美しいチェンバロとヴァオリンの音色に酔いました。



    5820.jpg5835.jpgリゾナーレは何処か外国の様です。
    東京芸大出身の第一線で活躍なさっている多彩なアーティストの方々の演奏は本当に素晴らしく、普通の演奏会では聴かれない様な曲も演奏されます。ヴルフガンク・アマデウスの息子のフランツクサヴァ・モーツアルトのヴァイオリンソナタなんて言うのも有りました。


    5848.jpgビュッフェスタイルの夕食はメインディッシュの他にいろいろと選べて楽しいです。





    5827.jpg午後4時からのコンサートと8時からのコンサートがあります、その後、午後10時15分からナイト・サロンと言うのがあって、ワインを頂きながらメンバーの方のお話を交えて楽しいひと時を過ごします。この時は楽譜が無くて、CDから譜面を起こした曲を披露されたり、アストル・ビアソラのタンゴを演奏したり、デュエットで歌を歌ってくれたりします。




    5846.jpg翌朝は若手の方達のチャペルコンサートが11時からあって、また気力溢れた素晴らしい演奏を聴く事が出来ます。残念ながら、二日目のチャペルコンサートは満員で入る事が出来ませんでした。




    5852_20091009174226.jpg予報通りに台風がやってきて、折角の紅葉が落ちてしまいました。電車も止まっている様なので、しばらく時間をつぶすことにしました。





    5863.jpg5865.jpg以前わかめさんがいらした「八ヶ岳倶楽部」へ行きましょうと言う事にすぐに意見は一致しました。雨に濡れた白樺林の美しい「八ヶ岳倶楽部」ではもう薪ストーブに火が入っていました。



    5867.jpg5873.jpgホットサングリアで身体を温めて、ホテルに戻る頃には雨も上がり、綺麗な富士山が見えてきました。電車も動いていると言う事なので残念ながらリゾナーレとお別れして帰路につきました。

    【2009/10/09 18:02】 音楽 | COMMENT(4) |
    台風のリゾナーレ
    20091008095555
    20091008095553
    ブログとメールのお仲間と4人でリゾナーレ音楽祭に来ています。
    朝のチャペルコンサートの行われるチャペルも雨に濡れています。
    午後4時と8時のホールコンサート、午後10時のナイトコンサート、朝のチャペルコンサートと四回のコンサートと音楽漬けの体験を楽しんでいます。
    【2009/10/08 09:55】 未分類 | COMMENT(4) |
    ウイーン世紀末展
    世紀末展ブログと絵のお仲間でもあるMさんからウイーン世紀末展の券を頂いたので見に行った。
    大好きなグスタフ・クリムトとエゴン・シーレの絵を見る事が出来た。
    19世紀末保守的なアカデミズム芸術から脱した人達がクリムトを中心に「ウイーン分離派」を設立、絵画、建築、デザインなど分野を超えて表現者達が交流した時代で、「旧ウイーン市立歴史博物館」のコレクションの中からの物だ。
    ウイーンでこの美術館を訪れなかったが、「美術史博物館」「リヒテンシュタイン美術館」などは訪れた。
    エゴン・シーレの絵は当時としてはあまりにも刺激的で評価はあまり得られず、やっと1918年、第49回ウィーン分離派展に出品した作品で高い評価を得たそうだが、その年に28才の若さでスペイン風邪で亡くなっている。彼の絵が高く評価されるようになったのは第二次大戦後の事だと言うことだった。
    珍しい事に私はプラハのチェスキー・クルムロフでシーレの絵を沢山見ている。シーレの母親が此処に住んで居たと言う事だった。



    クリムトクリムトはウイーンの「ベルベデーレ宮殿」で大作「接吻」を見ているので
    懐かしかった、この絵の解説には胸のメドウサの顔が舌を出しているのは、アカデミズムの人達を笑っている様にも見られると書いてあった。クリムトらしく金箔の甲冑を着けている。シーレと交流の深かったクリムトはシーレの亡くなる8ヶ月前に脳卒中で亡くなっている。


    【2009/10/01 21:52】 絵画編 | COMMENT(2) |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。