カウンター 無料カジノ激安ナビゲータ格安オンライン
bajiru
  • Author:bajiru
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
  • 06 | 2010/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
  • 綺麗に咲きました。 (06/15)
  • モンサンミッシェル (02/17)
  • 展覧会が終わって (10/17)
  • 娘と夕食 (09/04)
  • ポケモンgo(07/22)
  • bajiru (02/26)
  • わかめ (02/24)
  • ユミ (08/14)
  • bajiru (07/23)
  • サイコ (07/23)
  • bajiru (06/13)
  • みさきむ (06/13)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (2)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年01月 (4)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年09月 (3)
  • 2015年08月 (3)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (3)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (8)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (4)
  • 2014年07月 (9)
  • 2014年06月 (9)
  • 2014年05月 (7)
  • 2014年04月 (6)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (5)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (4)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (6)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (5)
  • 2013年03月 (7)
  • 2013年02月 (3)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (5)
  • 2012年10月 (5)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (8)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (8)
  • 2012年01月 (10)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (9)
  • 2011年04月 (7)
  • 2011年03月 (8)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (9)
  • 2010年10月 (11)
  • 2010年09月 (4)
  • 2010年08月 (9)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (6)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (3)
  • 2010年03月 (6)
  • 2010年02月 (6)
  • 2010年01月 (7)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (6)
  • 2009年10月 (8)
  • 2009年09月 (5)
  • 2009年08月 (13)
  • 2009年07月 (8)
  • 2009年06月 (9)
  • 2009年05月 (12)
  • 2009年04月 (10)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (7)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (6)
  • 2008年08月 (5)
  • 2008年07月 (8)
  • 2008年06月 (9)
  • 2008年05月 (8)
  • 2008年04月 (8)
  • 2008年03月 (7)
  • 2008年02月 (10)
  • 2008年01月 (8)
  • 2007年12月 (7)
  • 2007年11月 (10)
  • 2007年10月 (9)
  • 2007年09月 (5)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (5)
  • 2007年06月 (6)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (9)
  • 2007年02月 (6)
  • 2007年01月 (8)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (4)
  • 2006年08月 (5)
  • 2006年07月 (4)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (3)
  • 2006年04月 (8)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (4)
  • 2006年01月 (5)
  • 2005年12月 (2)
  • 2005年11月 (8)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (5)
  • 2005年08月 (4)
  • 音楽 (27)
  • 絵画編 (123)
  • 未分類 (543)
  • 私の旅 (63)
  • 好きな本 読んだ本 (9)
  • 私の好きな映画 (22)
  • SUPA
  • サパ活動報告
  • 風にそよぐバジル
  • おだやかな日々に
  • 辻堂の暮らし
  • 空飛ぶうさぎ
  • 木曜日は電車にのって、、、
  • 采々歳時記
  • アトリエ・サガン
  • サカイ・トシノリ
  • 湘南で歌、歌ったり、絵を描いたり
  • 幻羊塾展
    genyou_20100729054526.jpgブログ仲間のMさんの所属する幻羊塾の30周年記念展に行った。





    4990.jpgこの会は個性的な絵を描く人が多くて私は好きなので展覧会があればなるべく見る様にしている。



    4989.jpgMさんの水彩画は蛍光灯が映り込んでしまい残念だが、最近いらしたイギリスのコッツゥォルツの方のスケッチらしく柔らかな雰囲気の絵だった。



    4992.jpgこれは私がアトリエで描いた我が家の庭に咲いた額紫陽花。とても苦労して、先々週に描いたが先生から満足した言葉は得られず、「額紫陽花は難しいんだよ、リベンジしたら・・」と言われて今週再挑戦した、水彩画は修正が出来ないので、この教室は納得行くまで描かせて呉れるのが良いと思う、それでこの絵は一応合格したと言うわけ。
    ところでこの教室の先生は偶然にも美大で娘と同級生だった若い先生である。




    【2010/07/29 06:04】 絵画編 | COMMENT(10) |
    美術展と個展
    カポディモンテこの所娘と美術展に行く事が多い、先週のこの日は上野の国立西洋美術館で開催中のカポディモンテ美術館展に行った、昨年行ったナポリにこんなに素晴らしい美術館が有るのは知らなかった、自由行動の少ないツアーではなかなか美術館に入れないのが残念だ。



    カポディモンテaルネサンスからバロックまでと題されたこの展覧会は物語性のある作品が多く、この「ユディトとホロフェルネス」の絵は作者こそ違うが、前に述べた中野京子の「怖い絵」に出てくるのと同じ題材の絵だった、あの本を読んでからその絵の奥に隠されているエピソードを思いながら見るのでより興味深く見る事が出来る。



    カポディモンテcティツィアーノの「マグダラのマリア」






    シャガール次に行ったのは上野の芸大美術館で開催中のシャガール展,色彩の魔術師の様な色と幻想的な中に愛妻ベラとの思い出が詰められていた。
    娘と大学の学食で昼食を取ったが、娘の取ったピーマンの肉詰め焼きは美味しくなかったのか半分以上残していた、学食は武蔵美の方が良いと思った。また購買部で絵の材料を見たが品数が少なくこれも武蔵美の方が種類が多いと言っていた。


    pan3.jpg4954.jpg連休で息子が久し振りに帰省するので時間を見付けてパンとクッキーを焼いた。右は英会話教室が長い夏休みに入るのでお当番の計らいで、可愛いケーキが出た、暫くは皆さんともクリス先生ともお別れだ。最近は一ヶ月も英語を離れると全く後退してしまうので心細い限りである。


    4953.jpgこちらは夏休みの無いアトリエ「いまじなしおん」での人物の書きかけ、可愛いモデルさんなのに顔が怖い・・・、来週は仕上げなければならない。



    4956.jpg今日はアトリエサガンのサカイ先生の個展に行った、「環太平洋の国々を旅して、その土地の印象を描画する個人プロジェクト進行中、今回は透き通る青空、夕刻の風、満点の星空、そして水のある砂漠、アタカマ」と言うテーマでチリのアタカマの風景だそうだ。大きな絵と小さな絵はどれも素敵な色合いで透明感の有る青や砂漠の色がとても印象的だった。

    4960.jpg4966_20100719195639.jpg4968.jpg






    【2010/07/19 20:03】 絵画編 | COMMENT(7) |
    素晴らしかったブルックナー!
    ブルックナー絵画教室の生徒さんで府中市民交響楽団に所属してチェロを弾いていらっしゃる方の演奏が有るのでお誘いを受けた。
    東京オペラシティーで府中交響楽団創立30周年記念公演で曲目はモーツアルト:歌劇「後宮からの脱走:序曲」
    ブルックナー交響曲8番である。
    「後宮からの脱走」は良く聴く曲で親しみ安いが、今回のブルックナー8番は初めて聴く、2月にブルックナー交響曲4番を聴いたが4番で演奏時間は一時間強だったが8番は80分だそうで始まるまではどうなるかと思ったがとても素晴らしい演奏で感動した。
    指揮者森口真司氏の解説によると、ブルックナーの作品は彼と縁の深い大伽藍の建築に例えられる事が多いが、むしろ巨大な絵画の前に佇んだ時の情景を思い浮かべるほうがしっくりすると書いてあった、キャンバスを至近距離から見て濃淡のある深緑色が一面に広がり、あるところではその上を明るい黄色がはしり、そのよこにはさっと白い絵の具が刷かれ、それを横切るようにほの暗いえんじ色がうねっている、と抽象画の様にも見えるが一旦後ろに退いて見ると無関係に見えた部分がお互いに線を結んで形をなしていく、と書いてあった、音楽をこの様に絵と結び付けて考えながら聴く経験は初めてだったが何となく理解されやすい様に思った。
      
    13755brucner.jpg6年前オーストリアを旅行した時にリンツでブルックナーハウスを訪れたり、ブルックナーがオルガニストを13年間勤めた サンクトフローリアン修道院に行って写真を撮ったりしたのを思い出した。左はその修道院の地下に眠るブルックナーの棺。




    gaikan.jpgコンサートの後にお教室のお仲間と先生を交えてオペラシティーの地下のHUBで一息入れた、イングリッシュパブでビールやいろいろのおつまみが美味しかった。

    【2010/07/12 00:11】 音楽 | COMMENT(2) |
    サッカー
    mainimg_e3.jpg英会話の先生クリスが南アフリカから帰国しました、クリスは英会話の先生の他に旅行のアレンジもしているので、今回のFIFAの為にお客さん(3人)を連れて南アに行きました、大柄な先生は以外と恐がりで出発前からアフリカの治安の悪さの噂を耳にしては「こわいな~」なんて仰っていましたが無事に帰国して、昨日はそのお話で持ち切りでした。
    「試合をライブで見た人は?」と聞かれたので私は「日本戦は全部見ました、クリスがテレビに映っていないかと探しました、」と答えたら先生は「席は上の方だったけど日本の国旗を大きく広げていたよ」と言っていました。
    日本の試合はどれも素晴らしく感動したそうです、テレビで聞くと異様に聞こえるブブゼラの音も現場ではそんなに気にならなくてお土産に買って来たそうです、ブブゼラを吹くにはこつが居るようでクリスは旨く吹けたけど他の人は音が出なかったと言っていました。クリスはヨハネスブルグ、ダーバン、ケープタウンの三カ所に行ったそうですが、移動距離は車で6、7時間も掛かるそうです、手段は飛行機、列車、自動車ですが始め列車にしようと思って駅に行ったら駅員も居ない、時刻表も有りません、暫く待ってやっと列車が来たと思ったら目の前を通過して行ってしまいました、仕方がないので車で移動したそうです、ホテルはメイドが二人も付いて豪勢ですがメイド等に慣れないクリスはお茶をサービスされても「すみませ~ん」と言った感じになると言うので皆で笑ってしまいました、クリスの良い所です。(^^)
    三都市はどこも経済的に発展し綺麗で整備されていますが、少し離れた所やダウンタウンは生活は貧しく、貧しい人が多く治安も悪いらしく、夜は出掛けられないそうでした。
    人種はAfricans(Holland)白人系?Indian,Blackに大別しているみたいでした、日本人は白人に入る何故なら日本人はお金持ちだからそうです。
    スラムの人達はtownshipに纏まって住んでいると言うので船の事かた思ったらtownship=スラム街の事でした。
    クリスの話はテレビでは知る事の出来ない興味ある南アの情報で面白い授業となりました。

    【2010/07/10 08:16】 未分類 | COMMENT(6) |
    水彩画三昧
    4932_20100708222236.jpg今週は絵を描く機会が多かった、これはバラクライングリッシュガーデンの思い出を絵にした。




    4944_20100708224821.jpg4946_20100708222544.jpg日曜日は広尾界隈へスケッチに行った、広尾公園では魚釣りに沢山の人が来ていた、近くに住んでいる外人の家族だろうか、外人の家族連れも多く賑わっていた。



    4943_20100708223225.jpg広尾通りに可愛らしいお店を見付けた、「それいゆ」と言う名前のこの店は中原淳一郎の絵を描いたハンカチやスカーフ、バッグなどが売られていた。






    4948.jpg続いて月曜日はアトリエでトマトの静物を描いた。





    【2010/07/08 22:37】 絵画編 | COMMENT(4) |