カウンター 無料カジノ激安ナビゲータ格安オンライン
bajiru
  • Author:bajiru
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
  • 10 | 2011/11 | 12
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -
  • 綺麗に咲きました。 (06/15)
  • モンサンミッシェル (02/17)
  • 展覧会が終わって (10/17)
  • 娘と夕食 (09/04)
  • ポケモンgo(07/22)
  • bajiru (02/26)
  • わかめ (02/24)
  • ユミ (08/14)
  • bajiru (07/23)
  • サイコ (07/23)
  • bajiru (06/13)
  • みさきむ (06/13)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (2)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年01月 (4)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年09月 (3)
  • 2015年08月 (3)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (3)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (8)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (4)
  • 2014年07月 (9)
  • 2014年06月 (9)
  • 2014年05月 (7)
  • 2014年04月 (6)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (5)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (4)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (6)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (5)
  • 2013年03月 (7)
  • 2013年02月 (3)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (5)
  • 2012年10月 (5)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (8)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (8)
  • 2012年01月 (10)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (9)
  • 2011年04月 (7)
  • 2011年03月 (8)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (9)
  • 2010年10月 (11)
  • 2010年09月 (4)
  • 2010年08月 (9)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (6)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (3)
  • 2010年03月 (6)
  • 2010年02月 (6)
  • 2010年01月 (7)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (6)
  • 2009年10月 (8)
  • 2009年09月 (5)
  • 2009年08月 (13)
  • 2009年07月 (8)
  • 2009年06月 (9)
  • 2009年05月 (12)
  • 2009年04月 (10)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (7)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (6)
  • 2008年08月 (5)
  • 2008年07月 (8)
  • 2008年06月 (9)
  • 2008年05月 (8)
  • 2008年04月 (8)
  • 2008年03月 (7)
  • 2008年02月 (10)
  • 2008年01月 (8)
  • 2007年12月 (7)
  • 2007年11月 (10)
  • 2007年10月 (9)
  • 2007年09月 (5)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (5)
  • 2007年06月 (6)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (9)
  • 2007年02月 (6)
  • 2007年01月 (8)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (4)
  • 2006年08月 (5)
  • 2006年07月 (4)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (3)
  • 2006年04月 (8)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (4)
  • 2006年01月 (5)
  • 2005年12月 (2)
  • 2005年11月 (8)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (5)
  • 2005年08月 (4)
  • 音楽 (27)
  • 絵画編 (123)
  • 未分類 (543)
  • 私の旅 (63)
  • 好きな本 読んだ本 (9)
  • 私の好きな映画 (22)
  • SUPA
  • サパ活動報告
  • 風にそよぐバジル
  • おだやかな日々に
  • 辻堂の暮らし
  • 空飛ぶうさぎ
  • 木曜日は電車にのって、、、
  • 采々歳時記
  • アトリエ・サガン
  • サカイ・トシノリ
  • 湘南で歌、歌ったり、絵を描いたり
  • ゴヤ展
    ゴヤブログ仲間のMさんから上野国立西洋美術館で開催中のゴヤのプレミアム内覧会のチケットを頂いた、月曜日の休館日に特別の会員限定で入場出来るので混雑も無くゆっくり見る事が出来た。

    9310.jpg誘おうと思った妹が所用で来られなかったので取り敢えず一人で行った。
    会場入り口で休館日と知らずに来て残念そうに美術館の写真を撮っている若い女性に声を掛けてチケットを譲ってあげたらとても喜ばれた。会場までその女性と話しながら行った。

    9315.jpg日本で本格的なゴヤ展が催されるのは40年ぶりと言う事で今回の目玉は「着衣のマハ」である。
    2003年にスペイン旅行をした時にマドリッドの「プラド美術館」で「裸のマハ」「着衣のマハ」が並んで居るのを見たが、8年ぶりのご対面だった。他にもその時に見た作品もあったが、小さなエッチングで社会を批判した絵や対仏戦争の体験を元に描かれた「戦争の惨禍」などは何時の時代にも共通の戦争の醜さ、恐ろしさを感じる事が出来る。
    残念なのは私がとても感動した「黒い絵」のシリーズが一つも無かった事、また有名な「1808年5月3日」をもう一度見る事が出来なかった事だったが、きっと「着衣のマハ」が来るだけでも大変な事なのだろう。


    9313.jpg外に出ると青空に彫刻が輝いて見えた。
    9316.jpg見事な銀杏の紅葉、もう少し上野をぶらぶらしたかったが絵画教室への時間がなくなるので急いで上野を後にした。





    【2011/11/22 21:52】 絵画編 | COMMENT(4) |
    ボジョレヌーボー
    9303.jpg9307.jpg今年もボジョレヌーボー解禁の日に姉の家に姉妹で集まった、昨年は我が家に集まったがこの集まりは姉妹の間で毎年恒例の行事となっている、姪のお陰で綺麗に食卓が飾られて子供の頃の思い出話に花が咲く、今年のワインは軽めと言う事だったが結構しっかりした、奥の深い味わいだった。姉は足こそ不自由になったが身体の方は至って元気なのでこの行事もまだまだ当分は続けられだろうと期待と共に祈っている。

    【2011/11/17 19:22】 未分類 | COMMENT(4) |
    11月のスケッチ
    9271.jpg
    9212.jpg
    11月5日に鶯谷へスケッチに行った、鶯谷で古い街並みを描くのかと思ったが、街並みとしては殆ど残っていない、林立するビルの間に古い民家を見つけて描く事が出来た、提灯屋の看板が懐かしい。



    9214.jpg先に帰られた方も居たが残った人の絵を並べて先生の講評を受けた、皆さんの絵を見ると良い勉強になる。





    富士3景

    9272.jpg7日に河口湖へ富士山を描くバスツアーに参加した。お天気は良かったが富士山には雲が掛かってしまい、頂上の見える時を見計らって描いた。





    9269.jpg9264.jpg昼食に甲州名物の「ほうとう」を食べてから午後のスケッチポイント本栖湖へと移動。





    9274.jpg本栖湖からの富士も雲が掛かっていた。雪の無い富士山はあまり絵にならないと思った。







    9299.jpg昨日は久し振りの恵比寿のアトリエでの水彩画、ラ・フランスが難しかった。



    【2011/11/15 13:26】 絵画編 | COMMENT(4) |
    オーストリア大使館で講演とお茶会
    00austria20n6-db483.jpg日本旅行作家協会の渡辺節子さんからオーストリア大使館へのお誘いを受けたので出席させて頂きました。オーストリア大使館は麻布十番の暗闇坂の途中にあります。(写真はクリックすると大きくなります)




    caki.jpg始めにコーヒー
    と美味しいケーキのサービスがありました。



    9279.jpgお茶を頂いてから、 文化担当公使のPeter Storer氏 から<オーストリアの文化経済事情>ついてお話を伺いました、peter氏は8月にカナダのオタワから赴任されて来たそうです。




    9281.jpgパワーポイントを使われて、オーストリアがヨーロッパの中心で有る事、1995年EUに参加した事、2002年シェンゲン協定(ヨーロッパの国家間において国境検査なしで国境を越えることを許可する協定である。)に参加した事、経済的自由度は19位ウイーンは世界一住みやすい所、オーガニック農業は全体の12%でこれは素晴らしい事らしいです。観光産業は重要
    で2010年にオーストリアを訪問した人は3,300万人だったそうです。
    オーストリアの観光の一番人気はシェーンブルン宮殿、2位はザルツブルグだそうです、エネルギー問題では50%が水力発電、原発はないとかいろいろと説明をして頂きました。



    9284.jpgアイゼンシュタットへのロングスティーのお誘いを予てエステルハージの紹介、40年間エステルハージ家に使えたハイドンの話などを伺いました。その後20分間のオーストリアのDVDを拝見しました。





    9285.jpgここからお庭の方へ出ます。
    9287.jpg立派な日本風の庭園でスパークリングワインのサービスを受けました。




    9289.jpg庭園の奥には池に赤い橋が架かり沢山の見事な鯉が泳いでいました。


    9296.jpgお土産にThe Best of HAYDNのCDや本、エステルハージへの招待のパンフレット
    、CD,ボールペンまで頂きました。
    とても有意義な会にお誘い頂きまして有り難うございました。


    【2011/11/09 18:48】 未分類 | COMMENT(2) |
    孫のボランティア
    392943_198097406932771_100001975400651_444159_276713492_n.jpg孫のRが気仙沼へ復興支援のボランティアに父親と友人一人を連れて行き3泊4日で2日間のボランティアを終え、昨夜遅く帰って来ました。ちょっと長いですが読んで下さい。父親から母親へのスマートホンからのレポートです。

    第1報:今日気仙沼ボランティアセンターに集まった人は35人。
    気仙沼大島に行くのがあったので、それに手を挙げて小さなフェリー(江田島からの借り物)で気仙沼大島へ。数年前に遊びに行こうと思ってた島。
    田んぼに流れ込んだ瓦礫の撤去作業。
    名古屋から独りで来たおばさんと、夜行バスで来た大学生2人と合計6人で。
    8ヶ月の間に生えまくった雑草を刈るとヘドロの中から瓦だの鍋だの漁具だの扇風機だのが出てくる。
    踏み抜き防止インソールなんてちょっと大げさかなと思ったけど、必須な場所だった。
    行き帰りの船では、カモメにエビせんをやったりして楽しみもあったので良かったけど、いやあかなり疲れた。
    4時過ぎに解散だったので、陸前高田に行ってみた。
    マイミクさんも見て来いと言うし、道も通じていると聞
    いたので。
    気仙沼からは山を超えて行く感じ。トンネルで。通りがかる集落の流され加減にいちいち叫びながら、ナビの示す陸前高田駅に到着。したけど何もない。
    点字ブロックがあったのでホームだけはわかったけど。
    なんとなくそういうことなんだろうとは思っていたけど。
    あそこからどうやって頑張れるんだろうか。
    気仙沼に戻り始めたら子どもたちが無口になった。
    いくら能天気な君たちでもなんか感じたのかねー。
    と思ったら爆睡してた…

    第2報:今日は有名な巨大漁船の打ち上げられた近所の瓦礫撤去作業に参加。
    子どもたちは泥かきに参加。
    巨大漁船を眺めつつ、来週から着工するという市場の周辺の瓦礫を仕分ける。瓦礫の中から結婚指輪発見。
    8ヶ月経った火事場は雑草だらけで一日中草刈り。でもぬかるんでないぶん昨日の田んぼよりはちょっと楽。
    子どもたちの行った泥かきは重油まみれの田んぼから重油まみれの泥を運び出す作業だったらしい。重油臭くて重くて大変だったらしい。

    2日間の活動を終了して水沢まで出て今日は激安旅館。布団で寝られる。朝食だけなので夜は外で焼き肉。これまた激安の前沢牛。
    数年前にマイミクさんにもらったのと同じ牧場の牛だと思うけど。味はその時ほどじゃないけど十二分。東京では有り得ないコストパフォーマンス。
    明日は中尊寺だけ観光して帰る。

    Rが帰宅後にfacebookに載せました。
    帰ってまいりました。悲惨な状態になってました。写真はまだまだ軽いほうです・・・。ボランテイアは田んぼの草刈と瓦礫撤去、重油でよごれた土を田んぼから掘り起こし土嚢につめる作業を行いました。とても大変な作業でした。友達を一人つれていきましたが、力が強い子なのですが筋肉痛になったといっていました。重油の混じった土はとてもくさくいまにも倒れるようでした。現地の人の話を伺ってみると、死の海だった。火の海だったといっていました。船から重油が漏れ出し津波が運んでしまったためそれが引火し高台にまで火が押しよせたらしいです。とにかくいい経験ができてよかったです。

    【2011/11/06 04:21】 未分類 | COMMENT(11) |