カウンター 無料カジノ激安ナビゲータ格安オンライン
FC2ブログ
bajiru
  • Author:bajiru
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
  • 10 | 2019/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
  • 今年も咲きました。 (06/27)
  • モンサンミッシェル (02/17)
  • 展覧会が終わって (10/17)
  • 娘と夕食 (09/04)
  • ポケモンgo(07/22)
  • bajiru (07/05)
  • みさきむ (07/04)
  • bajiru (02/26)
  • わかめ (02/24)
  • ユミ (08/14)
  • bajiru (07/23)
  • サイコ (07/23)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (2)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年01月 (4)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年09月 (3)
  • 2015年08月 (3)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (3)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (8)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (4)
  • 2014年07月 (9)
  • 2014年06月 (9)
  • 2014年05月 (7)
  • 2014年04月 (6)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (5)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (4)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (6)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (5)
  • 2013年03月 (7)
  • 2013年02月 (3)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (5)
  • 2012年10月 (5)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (8)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (8)
  • 2012年01月 (10)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (9)
  • 2011年04月 (7)
  • 2011年03月 (8)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (9)
  • 2010年10月 (11)
  • 2010年09月 (4)
  • 2010年08月 (9)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (6)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (3)
  • 2010年03月 (6)
  • 2010年02月 (6)
  • 2010年01月 (7)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (6)
  • 2009年10月 (8)
  • 2009年09月 (5)
  • 2009年08月 (13)
  • 2009年07月 (8)
  • 2009年06月 (9)
  • 2009年05月 (12)
  • 2009年04月 (10)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (7)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (6)
  • 2008年08月 (5)
  • 2008年07月 (8)
  • 2008年06月 (9)
  • 2008年05月 (8)
  • 2008年04月 (8)
  • 2008年03月 (7)
  • 2008年02月 (10)
  • 2008年01月 (8)
  • 2007年12月 (7)
  • 2007年11月 (10)
  • 2007年10月 (9)
  • 2007年09月 (5)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (5)
  • 2007年06月 (6)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (9)
  • 2007年02月 (6)
  • 2007年01月 (8)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (4)
  • 2006年08月 (5)
  • 2006年07月 (4)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (3)
  • 2006年04月 (8)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (4)
  • 2006年01月 (5)
  • 2005年12月 (2)
  • 2005年11月 (8)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (5)
  • 2005年08月 (4)
  • 音楽 (27)
  • 絵画編 (123)
  • 未分類 (543)
  • 私の旅 (63)
  • 好きな本 読んだ本 (9)
  • 私の好きな映画 (22)
  • SUPA
  • サパ活動報告
  • 風にそよぐバジル
  • おだやかな日々に
  • 辻堂の暮らし
  • 空飛ぶうさぎ
  • 木曜日は電車にのって、、、
  • 采々歳時記
  • アトリエ・サガン
  • サカイ・トシノリ
  • 湘南で歌、歌ったり、絵を描いたり
  • 胡同の理髪師とアンデパンダン展
    中国映画の胡同の理髪師を見た、北京五輪を控え大都会に変身しつつある北京の片隅で取り残された胡同(フートン)は昔の面影も無く寂れたはいたが、子供の頃北京の胡同に住んで居たので、とても懐かしく感じた。
    92歳の老理髪師の日常を淡々と描いた作品でこの老人の落ち着いた生き方には本当に心が癒される思いがした。この理髪師の散髪の仕方が余りに見事なので驚いていたら、なんと役者ではなく本当に92歳の現役の理髪師だそうだった、他の出演者も殆どが胡同に実際に住んで居る素人の人達でまるでドキュメンタリーの様な感覚の映画だと思った。



    アンデパンダン帰りに六本木の国立新美術館へ回って日本アンデパンダン展を見て来た。なんと70歳以上は無料だった。








    3065.jpgmyanさんのパステル画は初々しい少女と優しいお顔の仏像でどちらもとても良い雰囲気で描かれていた、私は仏像の繪が好きだったが、写真では暗くなってしまって残念。







    andepandan.jpg事務所で許可を貰い、写真を撮っていたら、昔の繪の仲間に会って、出品していると言う事だった、他にも知人が彫刻を出品していて流石に「日本アンデパンダン展」だと思った。
    午後の六本木の街は美しい花々で彩られていた。






    【2008/03/22 22:26】 未分類 | COMMENT(7) |
    この記事に対するコメント
    アンパン紹介してくださったと云われたので
    見に参りました。
    いい感じの写真で紹介して下さり、ありがとう
    恐る恐る出展したのですが、流石、日本アンデパンダン展
    「見たぞー」と云う連絡があちこちから頂けました。
    真面目に描かなくては・・と心新たにしています。
    【2008/03/22 23:28】 URL | myan #HmTfQAuo [ 編集]

    なるほど
    略してアンパンね。なぬ?70歳以上は無料?ちと足りぬ、残念!
    でも時間がとれたら行って見ますね。
    bajiruさんはいつもすてきな映画を見つけられますね。昔住んでおられた場所はどんなにか懐かしく思われたことでしょう。何歳位まで胡同におられたのですか?
    【2008/03/25 23:54】 URL | グランマ #mQop/nM. [ 編集]

    終戦まで・・
    フランマさん、岩波ホールでしていた、この映画とても良かったですが、岩波ホールはシニアでも割引が少ないのね。。
    北京に居たのは終戦の翌年、13歳でした。それからは引揚で山崎豊子の「大地の子」ほど
    では無いけれど相当の苦労をしました。この平和が夢の様です。
    【2008/03/26 20:04】 URL | bajiru #mQop/nM. [ 編集]

    明日、見に
    明日、見にいこうと思ってます
    11時頃から映画見て食事して
    午後、知人の個展、銀座と八重洲をハシゴして来ようと思ってます。
    バジルさんが少女時代に過ごした地を心して見て来ます。
    【2008/03/26 21:44】 URL | myan #HmTfQAuo [ 編集]

    それが~
    私の居たころの北京の胡同はもっと奇麗だったのですよ~~、今は若い人達は皆
    マンションや新しく開発された所に行ってしまって、取り残された胡同は
    お年寄りばかりだし~、でも大きな池の畔などは奇麗でそのままの感じ
    冬になると池が凍ってスケートをしました、今でもスケート出来るのかな、
    なんと思って見てました。

    【2008/03/26 22:26】 URL | bajiru #mQop/nM. [ 編集]

    いい映画でした
    それは・あれから60年以上たっているんだから
    その頃の人がそのまま住んでるのだから
    新しい街の美しさはないですね
    でも、生きてる人たちの、そのさまには共感出来ます。
    特別なイベントも無く流れてゆく、その人たちの日常
    黄昏の物悲しい中を時が確実に流れて
    その事を尊厳に肯定的に受け止める人々
    「カジュアルでもなく背広でもなく、人民服を」と思う老人の思い入れ
    90歳の人に20年間有効の身分証明書が与えられる滑稽さ
    遺影を用意しながらマージャンしながら過ごす毎日
    大きな古時計が朝6時チョット前に止まってしまう、危うさの中で
    開発の鋤に掘り返されて行く、終わらんとする生活
    人々の喜怒哀楽に揺れる事も無く進んで行く時間
    悲しいけれど、認めるしか無いのでしょうね

    年老いた床屋さんの物言い・振る舞い・顔立ちまで
    僕を息子の様に可愛がってくれた恩師にそっくりで
    一々涙しました。
    【2008/03/27 21:41】 URL | myan #HmTfQAuo [ 編集]

    そうそうそうでした。
    myanさん、本当に良い映画でしたね、遺影を用意しながらあの落ち着いた生き方は
    見習いたいと思いました。
    【2008/03/27 23:10】 URL | bajiru #mQop/nM. [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する