カウンター 無料カジノ激安ナビゲータ格安オンライン
bajiru
  • Author:bajiru
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
  • 05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
  • 綺麗に咲きました。 (06/15)
  • モンサンミッシェル (02/17)
  • 展覧会が終わって (10/17)
  • 娘と夕食 (09/04)
  • ポケモンgo(07/22)
  • bajiru (02/26)
  • わかめ (02/24)
  • ユミ (08/14)
  • bajiru (07/23)
  • サイコ (07/23)
  • bajiru (06/13)
  • みさきむ (06/13)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (2)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年01月 (4)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年09月 (3)
  • 2015年08月 (3)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (3)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (8)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (4)
  • 2014年07月 (9)
  • 2014年06月 (9)
  • 2014年05月 (7)
  • 2014年04月 (6)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (5)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (4)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (6)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (5)
  • 2013年03月 (7)
  • 2013年02月 (3)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (5)
  • 2012年10月 (5)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (8)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (8)
  • 2012年01月 (10)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (9)
  • 2011年04月 (7)
  • 2011年03月 (8)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (9)
  • 2010年10月 (11)
  • 2010年09月 (4)
  • 2010年08月 (9)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (6)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (3)
  • 2010年03月 (6)
  • 2010年02月 (6)
  • 2010年01月 (7)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (6)
  • 2009年10月 (8)
  • 2009年09月 (5)
  • 2009年08月 (13)
  • 2009年07月 (8)
  • 2009年06月 (9)
  • 2009年05月 (12)
  • 2009年04月 (10)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (7)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (6)
  • 2008年08月 (5)
  • 2008年07月 (8)
  • 2008年06月 (9)
  • 2008年05月 (8)
  • 2008年04月 (8)
  • 2008年03月 (7)
  • 2008年02月 (10)
  • 2008年01月 (8)
  • 2007年12月 (7)
  • 2007年11月 (10)
  • 2007年10月 (9)
  • 2007年09月 (5)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (5)
  • 2007年06月 (6)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (9)
  • 2007年02月 (6)
  • 2007年01月 (8)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (4)
  • 2006年08月 (5)
  • 2006年07月 (4)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (3)
  • 2006年04月 (8)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (4)
  • 2006年01月 (5)
  • 2005年12月 (2)
  • 2005年11月 (8)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (5)
  • 2005年08月 (4)
  • 音楽 (27)
  • 絵画編 (123)
  • 未分類 (543)
  • 私の旅 (63)
  • 好きな本 読んだ本 (9)
  • 私の好きな映画 (22)
  • SUPA
  • サパ活動報告
  • 風にそよぐバジル
  • おだやかな日々に
  • 辻堂の暮らし
  • 空飛ぶうさぎ
  • 木曜日は電車にのって、、、
  • 采々歳時記
  • アトリエ・サガン
  • サカイ・トシノリ
  • 湘南で歌、歌ったり、絵を描いたり
  • ホームページ
    Duomo di Milano孫と行ったイタリア旅行のホームページがやっと完成しました~~。
    ちょっと長いですけどお時間のある時に覗いて見て下さい。
    まだ良く見直していないので誤字脱字があるかも分かりません、また文を追加したりするかも知れませんが、取り敢えずお知らせします。

    【2010/01/29 12:13】 未分類 | COMMENT(13) |
    この記事に対するコメント
    完成!
    楽しみにしておりましたぁ。
    今さぁっと拝見致しましたけれど、クリスマスシーズンはやはり特別ですね。
    懐かしい風景や、珍しい画像、美しい画像、楽しい動画などなど、これからまたゆっくり何度も拝見致します。ご苦労様でした。有り難うございます。
    【2010/01/29 16:37】 URL | 雲 #mQop/nM. [ 編集]

    美しい!!
    私も、今、ざっと拝見、「素晴らしいから見て」と友人に
    知らせたところです。 美しい画像がイタリアの旅行の
    キーポイントですね。R君の撮った物がほとんどなのですか。
    色も構図もやっぱりバジルさんの血を引いておりますね。 
    又あとでじっくり拝見致します。
    【2010/01/29 22:26】 URL | ユミ #j.y.sTQw [ 編集]


    雲さん、ユミさん、お時間の有る時にゆっくり見て下さいね、芸術的?に撮った写真は全部Rです、Rの写真は親も感心していました。私の写真は記録的でどうしても面白味が出ません。
    【2010/01/29 23:05】 URL | bajiru #mQop/nM. [ 編集]

    素敵な写真がいっぱい
    ゆっくり
    楽しませていただきます。
    僕はフィレンツェより北の農村の生活体験をしただけですが
    また、イタリアへ行きたくなりました。
    今度は南の方へ・・・
    建物の存在感がいいですね
    又、こんなに楽しめるHPに仕上げるのも大変な仕事だったでしょ?
    有難う御座います。
    【2010/01/29 23:30】 URL | myan #HmTfQAuo [ 編集]


    myanさん 早速ご覧頂いて有難うございました。私はHPを作るのは大好きですので
    旅を思い出しながら、楽しみながら作りました、出来上がってしまうと楽しみが終わった感じでちょっと寂しい気分です。
    【2010/01/30 13:48】 URL | bajiru #mQop/nM. [ 編集]

    たっぷりと
    いやいや遅れましたが楽しませていただきました、歴史が積み重なった国イタリア、こうして写真を並べて見せていただくと、もう現代だか2000年前だかわからなくなる感じですね。
    bajiruさんは4回もいらしても語り尽くせないイタリアの魅力をRくんと共有されたのね。
    ほらあの時ね、といつまでも二人だけの思い出話が出来ますね、心の中で発展していくイタリアを彼がこれからどう使っていくのかとっても楽しみでしょう、お幸せなおばばさまですね。
    【2010/02/01 12:09】 URL | わかめ #gGsLOqyI [ 編集]


    わかめさん、ローマは9年前と今回は殆ど変わり有りませんでした、治安の悪いのも同じで・・・  ポンペイは本当にそこから2000年前の人が出てきても不思議で無いようでした。ヴェニスは街を洗ったせいで白くなっていて、雰囲気が変わっていたのと、ゴンドラから見ると空屋が多くなっていて、ちょっと寂れていくのかな~と寂しく思いました。
    【2010/02/02 00:11】 URL | bajiru #mQop/nM. [ 編集]

    ようやく
    ゆっくり全部拝見しました。
    かめコメントですみません。
    ミラノとベネツィアしか行っていませんが、いろいろと思い出しました。
    それにしても少年の感性にあふれた写真の数々、本当に素晴らしいですね。
    こんな風にしてHPに仕上げて残せるおばあちゃまなんて、そうそう
    いらっしゃいませんね。きっと又ご一緒に行かれますね。きっと!
    私もイタリア好きに紹介させて頂きますね。

    【2010/02/06 12:33】 URL | サイコ #ZeC0G1NE [ 編集]

    素晴らしいイタリア旅行!!
     出発からご帰国までの「イタリア紀行」労せずに旅を楽しませて頂きました。メディアやグラフ等で見てはおりますものの、行く先々の大聖堂や美術館などの建造物の素晴らしい写真に見入っているところです。朝・昼・夕食のメニューも野良犬と遊ぶR君のスナップもほほえましく、ピサの斜塔前でのR君のポーズ決まってますね!! 大快晴の日あり、シエナの雪景色あり、本当に何回開いても飽きることなく楽しませて頂いております。最後のミラノのドゥオーモのスケッチもお見事で、今回のスケッチ展にご出展されておられますね\(^o^)/。お孫さんの撮られた写真ともどもイタリア紀行の編集を楽しまれたご様子を想像しつつ拝見いたしました。有難うございました<m(__)m>。


    【2010/02/07 14:35】 URL | kan #- [ 編集]


    サイコさん、亀レスでごめんなさい!Rの指揮ぶりも見て下さったのですね。
    有難うございました。以前娘とイタリア旅行をした時は買い物途中で喧嘩になってしまって、ホテルへ別々に帰った事がありました、孫は素直で一度も叱る事も有りませんでした、RはRで家で毎日の様に叱られるので、全く叱られない九日間は至福の時だった様ですよ、またおばあちゃんと旅行したいと申しております。
    【2010/02/07 18:13】 URL | bajiru #mQop/nM. [ 編集]


    kanさんながながとご覧頂いて有難うございました。作る楽しみは見て頂く楽しみに繋がりますね。Rのカメラのアングルの撮り方は素晴らしいと婆婆馬鹿で思ってしまいます、絵の好きな彼はウフィッツイ美術館も楽しみましたが、次は是非ルーブル美術館を訪れたいと申しております、自由時間の少ないツアーでは物足りないらしく今度はツアーで無いので行きたいと言っています。だんだんと一人で行動する様になって行くのでしょう。
    【2010/02/07 18:22】 URL | bajiru #mQop/nM. [ 編集]

    R君の将来
     ぜひルーブル美術館やプラド美術館を見てほしいですね。○十年前、絵画の好きな夫が同美術館巡りをしたので、事あるごとに自慢してます。(その時期、私は勤めと子育ての2足わらじの最中につき同行せず。)その後、絵を見るだけのために上野にはよく出かけたものです。
    【2010/02/08 09:33】 URL | kan #- [ 編集]


    kanさん、絵画は子供の頃父親の画集で名画に触れ、その後海外で本物の名画を見た時は本当に感動を受け、沢山の画集を見せてくれた父に感謝しました。
    Rも東京にダヴィンチの「受胎告知」が来た時も母親に連れて行って貰っていたので、またウフィッツィーで再会出来た時も感動していました。またサンピエトロ寺院でのミケランジェロのピエタやウフィッツィー美術館でポッチチェリを見た時もとても感動していました。感受性の強い中学生で本物を見る機会に恵まれたRは幸せですね。父は多分画集で見ただけだったと思います。
    【2010/02/08 17:26】 URL | bajiru #mQop/nM. [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する