カウンター 無料カジノ激安ナビゲータ格安オンライン
FC2ブログ
bajiru
  • Author:bajiru
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
  • 08 | 2019/09 | 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
  • 今年も咲きました。 (06/27)
  • モンサンミッシェル (02/17)
  • 展覧会が終わって (10/17)
  • 娘と夕食 (09/04)
  • ポケモンgo(07/22)
  • bajiru (07/05)
  • みさきむ (07/04)
  • bajiru (02/26)
  • わかめ (02/24)
  • ユミ (08/14)
  • bajiru (07/23)
  • サイコ (07/23)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (2)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年01月 (4)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年09月 (3)
  • 2015年08月 (3)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (3)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (8)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (4)
  • 2014年07月 (9)
  • 2014年06月 (9)
  • 2014年05月 (7)
  • 2014年04月 (6)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (5)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (4)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (6)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (5)
  • 2013年03月 (7)
  • 2013年02月 (3)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (5)
  • 2012年10月 (5)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (8)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (8)
  • 2012年01月 (10)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (9)
  • 2011年04月 (7)
  • 2011年03月 (8)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (9)
  • 2010年10月 (11)
  • 2010年09月 (4)
  • 2010年08月 (9)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (6)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (3)
  • 2010年03月 (6)
  • 2010年02月 (6)
  • 2010年01月 (7)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (6)
  • 2009年10月 (8)
  • 2009年09月 (5)
  • 2009年08月 (13)
  • 2009年07月 (8)
  • 2009年06月 (9)
  • 2009年05月 (12)
  • 2009年04月 (10)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (7)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (6)
  • 2008年08月 (5)
  • 2008年07月 (8)
  • 2008年06月 (9)
  • 2008年05月 (8)
  • 2008年04月 (8)
  • 2008年03月 (7)
  • 2008年02月 (10)
  • 2008年01月 (8)
  • 2007年12月 (7)
  • 2007年11月 (10)
  • 2007年10月 (9)
  • 2007年09月 (5)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (5)
  • 2007年06月 (6)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (9)
  • 2007年02月 (6)
  • 2007年01月 (8)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (4)
  • 2006年08月 (5)
  • 2006年07月 (4)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (3)
  • 2006年04月 (8)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (4)
  • 2006年01月 (5)
  • 2005年12月 (2)
  • 2005年11月 (8)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (5)
  • 2005年08月 (4)
  • 音楽 (27)
  • 絵画編 (123)
  • 未分類 (543)
  • 私の旅 (63)
  • 好きな本 読んだ本 (9)
  • 私の好きな映画 (22)
  • SUPA
  • サパ活動報告
  • 風にそよぐバジル
  • おだやかな日々に
  • 辻堂の暮らし
  • 空飛ぶうさぎ
  • 木曜日は電車にのって、、、
  • 采々歳時記
  • アトリエ・サガン
  • サカイ・トシノリ
  • 湘南で歌、歌ったり、絵を描いたり
  • トゥーランドット
    620.jpg
    吹き飛ばされそうな強風の中線路脇の桜並木を通って、サントリーホールへオペラ「トゥーランドット」を見に行って来た。

    昨年8月にヴェローナ音楽祭の大きな古代競技場でホセ・クーラのカラフで見たのだが、
    今回もそれに劣らぬ大熱演で素晴らしい公演だった、演出は簡素な洒落た舞台装置で衣装も特別に凝って居るわけでもないのだが、オケも出演者も素晴らしい出来だと思った。
    オペラの筋は知っていても、やはり字幕が出ると歌っている内容が良く分かるので、この哲学的とも言えるオペラが良く理解出来た様に思った。

    今日は初日と言う事も有って各界の有名人が大勢きて居て、ホールはまるで社交界の様だった、
    2階席の真ん中に小泉首相も来て、皆に手を振って挨拶をしてくれた。
    それで出演者も熱が入って演じて居たのだろうか、本当に見応えのある熱演だった。
    621.jpg
    簡素な舞台装置
    指揮者:ニコライ・ルゾッティ 
    トゥーランドット:アンドレア・グルーバー
    カラフ:ヴィンチェツォ・ラ・スコーラ
    リュー:スヴェトラ・ヴァシーラヴァ
    ティムール:ジャコモ・ブレスティア

    今回の演出で面白かったのはリューが自害して死ぬ所で、「プッチーニが作曲したのはここまでです、以後はプッチーニの遺稿を元に弟子が作曲しました。」と字幕が出て、後はリサイタル形式でグルーバーはイブニング、スコーラはタキシードで歌ったのだ。

    そう言えばミラノのスカラ座で初演の時に指揮者のトスカニーニはリューの死ぬ所まで
    しか演奏しなかったと言う話を思い出した。
    623.jpg
    外に出ると桜にライトがあたり素敵だった・・・

    【2006/04/04 00:40】 音楽 | COMMENT(6) |
    この記事に対するコメント
    人生で体験してないこと、オペラ
    わあ、素晴らしい夜を過ごされましたね。一流のオペラに桜、豊かで満ち足りた時間でしたでしょう。想像しても実感がないのはまだオペラって観たことがないんです、クスン。
    【2006/04/04 20:27】 URL | わかめ #- [ 編集]

    オペラ
    イナバウアーオペラがえりの花吹雪
    なんちゃって♪♪  bajiruさんのお背中には自由という素敵な羽根が生えていらっしゃるのね。その羽根を存分に活用して素晴らしい人生を綴っていらっしゃる。そのお裾分けをいつもありがとうございます。ライトアップされた桜、本当に美しいですね。一度哲学的というトゥーランドットしっかり聞いてみたいです。
    【2006/04/04 22:15】 URL | 雲 #- [ 編集]


    サントリーホールでのコンサート形式のオペラですね。ずうっと以前にこのホールでこの形式のオペラを見ました。たしか、衣装や舞台装置がろくになくて、歌手の実力がもろに出てみな懸命に演奏するからでしょうか、凄くうまくて聴衆も引き込まれますね。一緒の友人は華やかな舞台を想像していて、勿論その前に演奏会形式だと言ってあったのにぶつぶついいました、、っけ。
    バジルさん 良かったですねえ。いいなあ、、羨ましい、、、初日ですよね、たしか。
    荒川さん、小泉さんもおなじ舞台をみたのですね。
    【2006/04/04 23:37】 URL | ytakahashi #kY.A8d5U [ 編集]


    わかめさん、雲さん、ytakahashiさん、コメント有り難うございました。
    ヴェローナの円形競技場の様なスペクタクルな装置は目でも楽しめますが、今回の簡素な装置はフルに歌手の力量が発揮できますね、トウランドット姫に関しては今回のアンドレア・グルーバーは素晴らしいと思いました。
    テノールの高い音は時々オーケストラに呑み込まれてしまう時がありましたが、バスやソプラノはその様な事が有りませんでした。
    【2006/04/05 07:57】 URL | bajiru #mQop/nM. [ 編集]


    baziruさん、気まぐれ書き込みでごめなさい、
    すばらしいオペラ観賞をなさったのね「トゥーランドット」はトリノオリンピックで初めて知りました、音楽無知の私ですから平生はあまり関心はないのですが
    何故か印象にのこりましたよ、音楽に絵画に造形が深くてうらやましいよ。

    【2006/04/06 17:14】 URL | 秋津 霧 #- [ 編集]


    baziruさん、ごめん、文字の変換違いでした、
    造詣でした、そそっかしくてごめんなさい。
    【2006/04/07 19:22】 URL | 秋津 霧 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する