カウンター 無料カジノ激安ナビゲータ格安オンライン
bajiru
  • Author:bajiru
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
  • 08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
  • 今年も咲きました。 (06/27)
  • モンサンミッシェル (02/17)
  • 展覧会が終わって (10/17)
  • 娘と夕食 (09/04)
  • ポケモンgo(07/22)
  • bajiru (07/05)
  • みさきむ (07/04)
  • bajiru (02/26)
  • わかめ (02/24)
  • ユミ (08/14)
  • bajiru (07/23)
  • サイコ (07/23)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (2)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年01月 (4)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年09月 (3)
  • 2015年08月 (3)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (3)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (8)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (4)
  • 2014年07月 (9)
  • 2014年06月 (9)
  • 2014年05月 (7)
  • 2014年04月 (6)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (5)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (4)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (6)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (5)
  • 2013年03月 (7)
  • 2013年02月 (3)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (5)
  • 2012年10月 (5)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (8)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (8)
  • 2012年01月 (10)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (6)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (9)
  • 2011年04月 (7)
  • 2011年03月 (8)
  • 2011年02月 (7)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (9)
  • 2010年10月 (11)
  • 2010年09月 (4)
  • 2010年08月 (9)
  • 2010年07月 (5)
  • 2010年06月 (6)
  • 2010年05月 (5)
  • 2010年04月 (3)
  • 2010年03月 (6)
  • 2010年02月 (6)
  • 2010年01月 (7)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (6)
  • 2009年10月 (8)
  • 2009年09月 (5)
  • 2009年08月 (13)
  • 2009年07月 (8)
  • 2009年06月 (9)
  • 2009年05月 (12)
  • 2009年04月 (10)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (7)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (6)
  • 2008年08月 (5)
  • 2008年07月 (8)
  • 2008年06月 (9)
  • 2008年05月 (8)
  • 2008年04月 (8)
  • 2008年03月 (7)
  • 2008年02月 (10)
  • 2008年01月 (8)
  • 2007年12月 (7)
  • 2007年11月 (10)
  • 2007年10月 (9)
  • 2007年09月 (5)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (5)
  • 2007年06月 (6)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (9)
  • 2007年02月 (6)
  • 2007年01月 (8)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (4)
  • 2006年08月 (5)
  • 2006年07月 (4)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (3)
  • 2006年04月 (8)
  • 2006年03月 (3)
  • 2006年02月 (4)
  • 2006年01月 (5)
  • 2005年12月 (2)
  • 2005年11月 (8)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (5)
  • 2005年08月 (4)
  • 音楽 (27)
  • 絵画編 (123)
  • 未分類 (543)
  • 私の旅 (63)
  • 好きな本 読んだ本 (9)
  • 私の好きな映画 (22)
  • SUPA
  • サパ活動報告
  • 風にそよぐバジル
  • おだやかな日々に
  • 辻堂の暮らし
  • 空飛ぶうさぎ
  • 木曜日は電車にのって、、、
  • 采々歳時記
  • アトリエ・サガン
  • サカイ・トシノリ
  • 湘南で歌、歌ったり、絵を描いたり
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
    2232.jpg土曜日にスケッチに行ったら寒くて風邪を引いてしまった。日曜、月曜の連休は医者にも行かれず家で寝て居る間だに読書をしていた、姜尚中の「心」、サイン会に訪れた青年との往復書簡の形にした小説である。
    姜尚中は息子を心の病の自殺で失ったので生と死について深く考える様だった、青年の友人の死、東北の大地震で沢山の方が亡くなり、それらの事を往復書簡の中で考える形にしている、最後に本の帯にも書いている、「生きとし生きるもの,末永く、元気で」と言う言葉を残した翌日自らの命を絶った息子さんへの気持ちは如何ばかりだったかと親として身につまされた。
    【2013/11/06 15:47】 未分類 | COMMENT(8) |
    この記事に対するコメント

    重そうな本ですね。病んでいるときに読まれるのはbajiruさんの心が強いからでしょう。
    姜尚中は読んだことがないので機会があれば読んでみたいですが、私は心がひ弱なので敬遠してしまうかも。
    【2013/11/06 22:12】 URL | わかめ #ZjYVeTgs [ 編集]


    わかめさん、コメント有り難うございます、風邪で寝ていると1日が長くて、此の本を読めば眠くなるかしらと思って読み始めたのですが、引き込まれて行きました。重いのですが生と死を考えると難しくてこの年になっても分かりません、頭が弱いので・・作者には悪いけど小説と思って読みました、もっと深く読まなければいけないのでしょうね。「母」おもには良かったです。
    【2013/11/06 22:46】 URL | bajiru #mQop/nM. [ 編集]


    急に寒さを感じる季節になりましたね。
    今風邪をひけば、この先は大丈夫!どうぞお大事に。
    こじらせないように、暖かくお休み下さい。
    姜尚中さんのドキュメント番組を見た事があります。
    戦争中から戦後暫くの間の在日韓国人の生活の厳しかった事は
    子供心に感じておりましたので、やはり読むのが辛いような気が
    しておりました。オモニを読んでみたいです。
    【2013/11/07 10:31】 URL | 雲 #mQop/nM. [ 編集]


    子どもを自死で失った親の辛さを
    どうやって乗り越えてきたのか、と以前から
    気になっていました。”乗り越える”なんて
    一生できないかもしれませんね...
    姜尚中さんが新日曜美術館に出ていらした頃、
    あの声にしびれていました。
    【2013/11/07 21:25】 URL | サイコ #ZeC0G1NE [ 編集]


    雲さん、お見舞いの言葉を有り難うございます、今日は近くの家の方のご主人が亡くなられてお通夜に行って来ました、丁度この本を読んだ後ですのでやはり生と死について考えてしまいました、ましてその方は昼間お元気で夜の間だに亡くなられたそうです。90才は越えられていらっしゃいましたがやはり突然の伴侶の死は受け取り難いと思いました。
    【2013/11/08 00:19】 URL | bajiru #mQop/nM. [ 編集]


    サイコさん、私もあの方の日曜美術館のファンでした、息子さんが亡くなられたのはその後でしょうね、姜尚中さんは現在私の母校の兄弟校と言うか男子校が隣接していたのですがその両方を合わせて大学が作られて、その校長になられていらっしゃいます。ミッションスクールです。
    【2013/11/08 00:27】 URL | bajiru #mQop/nM. [ 編集]


    姜尚中さん 私も大好きです。
    新日曜美術館も素敵でしたね。
    このご本はまだ読みたくないです。
    【2013/11/11 12:06】 URL | ユミ #kY.A8d5U [ 編集]


    ユミさん、コメント有り難うございます、やはり少し暗い気分になります。
    【2013/11/12 19:17】 URL | bajiru #mQop/nM. [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。